金沢区・磯子区版 掲載号:2015年6月18日号 エリアトップへ

野島の避難施設で初訓練 車いすでもスムーズに

社会

掲載号:2015年6月18日号

  • LINE
  • hatena
車いすを押しスロープを上る参加者
車いすを押しスロープを上る参加者

 野島公園内にある「津波避難施設」を使った避難訓練が、6月13日に行われた。3月の完成以来、初めての実施。参加者は避難経路や、車いす利用者がスムーズに上れるかどうかの確認を行った。

 避難訓練は野島町内会が主催。金沢区役所や金沢消防署、金沢警察署などが協力し、同町と乙舳町の住民合わせて200人以上が参加した。

 午前10時、野島にある2基の津波警報伝達システム(屋外スピーカー)から訓練用のサイレンが流れると、自宅等で待機していた住民は施設へと向かった。

 津波避難施設は海抜6mの高台と、そこへ上る階段、スロープからできている。参加者全員が高台を上りきるのには約20分かかった。目標を10分上回ることができたという。

 今回は車いすの利用者がスムーズに上れるかどうかの確認も行われた。車いすに乗って参加した川島綾子さん(80)は「特に不便さは感じなかった。ふだん歩行器を使っているが、このような施設ができ、安心している」と話した。

「さらに迅速」目指す

 野島地区周辺は、津波の到達高さが最大で4・9mと予想されている。

 野島山へ登れば被害を逃れることができるが、登山ルートは2つのみで、うち1つは急な階段を上る必要がある。野島の住民の4人に1人は高齢者で、足の不自由な人や、車いす利用者らの迅速な避難が不安視されていた。

 野島には約2500人が住んでいる。潮干狩りやバーベキュー客がいれば、倍以上に膨らむこともある。

 避難施設の収容人数は100人。施設の高台からはさらに野島山へ登る階段が続いている。野島町内会の原一義会長(72)は「施設の収容人数は限りがある。万が一の時には、(足の不自由な人を)手助けしながら山の上へ登ることも必要」と話す。

 同町内会はさらに迅速な避難ができるよう、今後も年2回程度、訓練を継続して行うという。

 野島とともに建設が予定された柳町の津波避難施設は、今年度中に完成する予定だ。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

金沢・磯子で被害増加

特殊詐欺

金沢・磯子で被害増加 社会

還付金、オレオレが多数

5月19日号

バリアフリー化へ基本構想

磯子区

バリアフリー化へ基本構想 社会

根岸・磯子・屏風浦駅を追加

5月12日号

超高齢者の受療行動を調査

横浜市立大学

超高齢者の受療行動を調査 社会

市内75歳以上と比較

5月12日号

みどりの愛護で大臣表彰

釜利谷赤坂公園愛護会

みどりの愛護で大臣表彰 コミュニティ社会

安全安心な公園目指す

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 3月10日0:00更新

  • 10月26日17:54更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook