金沢区・磯子区版 掲載号:2015年6月18日号 エリアトップへ

野島の避難施設で初訓練 車いすでもスムーズに

社会

掲載号:2015年6月18日号

  • LINE
  • hatena
車いすを押しスロープを上る参加者
車いすを押しスロープを上る参加者

 野島公園内にある「津波避難施設」を使った避難訓練が、6月13日に行われた。3月の完成以来、初めての実施。参加者は避難経路や、車いす利用者がスムーズに上れるかどうかの確認を行った。

 避難訓練は野島町内会が主催。金沢区役所や金沢消防署、金沢警察署などが協力し、同町と乙舳町の住民合わせて200人以上が参加した。

 午前10時、野島にある2基の津波警報伝達システム(屋外スピーカー)から訓練用のサイレンが流れると、自宅等で待機していた住民は施設へと向かった。

 津波避難施設は海抜6mの高台と、そこへ上る階段、スロープからできている。参加者全員が高台を上りきるのには約20分かかった。目標を10分上回ることができたという。

 今回は車いすの利用者がスムーズに上れるかどうかの確認も行われた。車いすに乗って参加した川島綾子さん(80)は「特に不便さは感じなかった。ふだん歩行器を使っているが、このような施設ができ、安心している」と話した。

「さらに迅速」目指す

 野島地区周辺は、津波の到達高さが最大で4・9mと予想されている。

 野島山へ登れば被害を逃れることができるが、登山ルートは2つのみで、うち1つは急な階段を上る必要がある。野島の住民の4人に1人は高齢者で、足の不自由な人や、車いす利用者らの迅速な避難が不安視されていた。

 野島には約2500人が住んでいる。潮干狩りやバーベキュー客がいれば、倍以上に膨らむこともある。

 避難施設の収容人数は100人。施設の高台からはさらに野島山へ登る階段が続いている。野島町内会の原一義会長(72)は「施設の収容人数は限りがある。万が一の時には、(足の不自由な人を)手助けしながら山の上へ登ることも必要」と話す。

 同町内会はさらに迅速な避難ができるよう、今後も年2回程度、訓練を継続して行うという。

 野島とともに建設が予定された柳町の津波避難施設は、今年度中に完成する予定だ。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

釣り人3人が女性を救助

釣り人3人が女性を救助 社会

磯子消防署から感謝状

7月2日号

どう変わる?学校生活

市立小中

どう変わる?学校生活 教育

給食・部活が再開

7月2日号

中学生にも最後の大会を

中学生にも最後の大会を 教育

保護者が署名集める

6月25日号

活躍の場は"オンライン"

空手道尚徳館

活躍の場は"オンライン" スポーツ

動画で採点、道場内大会開催

6月25日号

8月代替大会開催に喜び

県高校野球

8月代替大会開催に喜び スポーツ

「3年生集大成の場に」

6月18日号

児童虐待、潜在化を危惧

横浜市

児童虐待、潜在化を危惧 社会

休校などで相談数「微減」

6月18日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 成長へV字回復!

    ピンチをチャンスに新たな都市づくり 意見広告

    成長へV字回復!

    横浜市会議員 山本たかし

    6月25日号

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 6月23日19:45更新

  • 6月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク