金沢区・磯子区版 掲載号:2015年6月18日号 エリアトップへ

横浜創学館空手道部 2トップ揃ってインハイ 認め合い切磋琢磨

スポーツ

掲載号:2015年6月18日号

  • LINE
  • hatena
部をけん引する伊勢野選手(左)と宇野選手
部をけん引する伊勢野選手(左)と宇野選手

 全国高等学校総合体育大会空手道競技県予選の男子個人組手決勝は、横浜創学館高校3年の伊勢野大介選手と宇野勇気選手の同門対決となった。

 4―2で2連覇を勝ち取ったのは伊勢野選手。「毎日組み合う仲。技に工夫やフェイントを加え、攻めを意識した」と勝因を語る。宇野選手は、手の内を知っていたが故に「迷いがあった。決まるところで決められなかった」と振り返った。2人揃ってインターハイ出場の切符を掴んだ。

 中学時代は県大会決勝で対戦した経験もある2人。同校に入学してからは、互いに高め合う良きライバルだ。宇野選手は「先に試合に出ていた大介の技をよく真似ていた」と話す。目標を追って練習を重ね、感覚を掴み始めたのは2年後半。その頃、日本代表チームに召集されていた伊勢野選手は「戻ってみると(技が)効かなくなっていた」と明かす。今年に入って2度、全国や関東の舞台で黒星をつけられている。「どうしても勝ちたかった」。今大会での勝利の大きな原動力になったという。

 1年冬には先輩に混ざり団体戦で全国へ。唯一勝ったのは2人だけ、後が続かなかった。「今に繋がっている経験。後輩に同じ思いはさせない」と伊勢野選手。悔しさを糧に共に部をけん引してきた。組み合っては指摘し合い、行き詰っては真っ先に相談する――信頼し磨き合ってきた。「一人では勝てなかった」と口を揃える。インハイに向けてもやることは同じ。「悔いは残したくない」。二人で挑む最後の夏が近づいている。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

医療体制拡充に56億円

横浜市

医療体制拡充に56億円 経済

コロナ第2、3波に備え

7月9日号

受賞作が決定

70周年記念俳句コンクール 岡村公園

受賞作が決定 文化

7月9日号

市教育長に大会開催訴え

市内中学生保護者ら

市教育長に大会開催訴え 社会

署名2610筆届ける

7月9日号

市会図書室 一般利用も

市会図書室 一般利用も 政治

移転で可能に

7月9日号

虐待 LINEで相談

虐待 LINEで相談 社会

横浜市 7月から導入

7月9日号

「撮っておき」の写真募集

「撮っておき」の写真募集 文化

市営交通カレンダー企画

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 7月9日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 6月23日19:45更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク