金沢区・磯子区版 掲載号:2015年6月25日号 エリアトップへ

金沢区医師会の会長に就任した 若栗 直子さん 富岡西在住 51歳

掲載号:2015年6月25日号

  • LINE
  • hatena

言葉聞き、心に寄り添う

 ○…女性初の金沢区医師会会長が誕生した。「普段から相談を受けやすい。女性なりの視点で意見を拾い上げたい」と穏やかに笑う。加速する高齢化社会に対応し在宅医療にも力を注いていく。「ケアマネージャーや看護師など、様々な職種の連携も綿密にとっていければ」。相手の立場を理解し、会話を重ねていきたい。

 ○…幼少期は両親が開業した釜利谷の歯科医院で過ごすことが多かった。「患者さんとのやり取りをそばで聞き、近所の大人に遊んでもらうことも」。現在、初診や年上の患者と自然に接することができるのはこの経験があってこそだ。「病気を治すのはほぼ本人の力。だけど、それを手助けできれば」。直に手を施して治療ができる魅力を感じ外科の道へ。大学病院で経験を積んだ。15年前、出産を機に「環境の良い地元で」と富岡西に医院を開いた。

 ○…「医者は知識だけあってもだめ。患者さんへの対応がすごく大事」と話す。周りが良かれと思っても本人の意思はどうか、決めつけないで対応する。「一人一人の言葉を聞く」。研修医時代から培ってきた信条だ。もう一つ、経験に基づくのが患者に敬意を払うこと。医師になり5年が経った頃、意識が朦朧とし会話もできない状態の患者を担当することがあった。家族も諦めていたが「手を握ったら握り返してくれたんです」。反応がないように見えても分かっている――以来、病状や患者の心を傷つけるかもしれない説明は病室の外で行っている。

 ○…自身同様、幼い頃から医院に通い母の背中を見て育った娘が医療の道を志す。「嬉しかった。これから話ができるようになるかな」と母親の顔を覗かせる。「15年も経つとまだ小さかった子が成長していたり、家族で使ってくれたり。医者要らずが良いが、つながりが嬉しい」と笑顔を見せる。10年ほど前からは高齢者施設で診察を続ける。やはり重視するのは対話。患者の安心を追求していく。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月19日号

橋本 昌幸さん

4月から横浜市三殿台考古館の館長を務める

橋本 昌幸さん

磯子区岡村在勤 61歳

5月12日号

カテリーナさん

【Web限定記事】横浜を拠点にウクライナの民族楽器「バンドゥーラ」の演奏活動を行う

カテリーナさん

横浜市在住 

5月5日号

相馬 淳子さん

ラオスの織物や文化を伝える「PaTu」(パトゥ)の代表を務める

相馬 淳子さん

金沢区柴町在住 53歳

4月28日号

川井 康裕さん

久良岐能舞台の館長を務め、さまざまな企画を展開する

川井 康裕さん

磯子区岡村在勤 68歳

4月21日号

関森 雅之さん

4月1日付で磯子区長に着任した

関森 雅之さん

磯子区在勤 56歳

4月14日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 3月10日0:00更新

  • 10月26日17:54更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook