金沢区・磯子区版 掲載号:2015年7月30日号 エリアトップへ

被災地の「贈答品」発信 いわき名産店 南部市場に

経済

掲載号:2015年7月30日号

  • LINE
  • hatena
名産の魅力を伝える小熊さん
名産の魅力を伝える小熊さん

 「福島県の贈答品を首都圏に広めよう」という思いから、現地団体「いわきの12人」が南部市場関連棟内(鳥浜町)に「福島いわきギフト店」をオープンした。福島県の名産が並ぶ同店は7月18日から開店しており、8月31日(月)までの期間限定で営業する。

 「いわきの12人」は東日本大震災後の風評被害に負けまいと、現地の12人の個人事業主が中心となって立ち上がった。

 同団体は震災の翌年から、関東圏を中心に50以上のイベントに出店し、物販を行ってきた。福島県の名産品の良さを発信することを目的に、南部市場では月に2回のペースで土曜市に参加してきた。

 店頭には主に、現地の農家が作った桃をはじめ、事業主が作った味噌や醤油、練り物、酒、菓子類などのギフトセットのレプリカが並ぶ。ここで注文すれば、産地や現地のメーカーから直接、指定先に配送してくれる。

 贈答用のほかに物販物も置いてあり、試飲・試食も可能だ。「まずは知ってもらうことが大事。一度食べてもらえれば、良さがわかってもらえるはず」と、小熊さんは話す。

「品質で選ばれたい」

 「いわきの12人」がギフトショップを開いたのは今回が初。贈答品にこだわる理由を、同団体代表の小熊俊彦さんは「福島第一原発の事故による風評被害で、最も深刻だったのは贈答品だったから」と説明する。

 かつて福島県民は地元産の贈答品を自慢して送っていたが、原発事故以来「送ると嫌がられるんじゃないか」と萎縮する雰囲気が現地にできてしまったという。「多くの人に買ってもらうことで、現地の人にも自信を持ってほしい」と話す。

 また福島で商品の出荷を担当する猪狩啓輔さんは「これまで『被災地応援』という意味で買って下さる方が多かったが、今は味や技術を評価して選んで貰いたいという雰囲気がある」と現地生産者の様子を話す。「そのためにも、この活動を通して誤解を解いていきたい」

 同店に関する問い合わせはバス・コーポレーション【電話】03・3230・0830(皆川さん)へ。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額整備費

10月17日号

建築新人戦で最優秀賞

関東学院大長橋さん

建築新人戦で最優秀賞 教育

変幻自在な住まいを提案

10月17日号

「55年経て、再び聖火を」

大道在住佐藤さん

「55年経て、再び聖火を」 社会

大病乗り越え走者目指す

10月10日号

治療と仕事の両立を支援

横浜市大付属病院

治療と仕事の両立を支援 社会

病気による離職を抑制

10月10日号

2校の「富岡中」が交流

2校の「富岡中」が交流 教育

地名縁に金沢区から福島へ

10月3日号

被災乗り越え開催へ

AozoraFactory

被災乗り越え開催へ 社会

「こんな時だから活気を」

10月3日号

有志ボランティアが活動

金沢区産業団地

有志ボランティアが活動 教育

市内外から 被災企業を支援

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋光台でハロウィーン

洋光台でハロウィーン

仮装コンテストも

10月27日~10月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク