金沢区・磯子区版 掲載号:2015年9月3日号 エリアトップへ

金沢文庫病院の院長で6月17日に神奈川県病院協会の会長に就任した 新江 良一さん 東京都在住 62歳

掲載号:2015年9月3日号

  • LINE
  • hatena

”変な医者”いてもいい

 〇…神奈川県内の288の病院が加入する県病院協会の7代目会長に就任した。「県民の命と健康を守り、予防医学を広めるのが私たちの使命」と襟をただす。力を入れるのは災害時の医療体制作り。他県との包括協定を広げ、相互に助け合う体制を整えるなど積極的な事業の展開を誓う。

 ○…「じっと座っていられず、よく教室を勝手に抜け出していた」と小学校時代を振り返る。教師に貼られたレッテルは「協調性がない」。母親にも叱られたが、医師だった父親は「そんな教師のことは聞かなくていい」と黙認してくれた。進路を決めるのに、強い志があったわけでない。勤め人はできない。「男子たる者、国を守れ」という父親の勧める防衛大学は目が悪くていけない――消去法で残ったのが医師だった。「自由気ままな稼業だから、向いているのでは」という教師の助言も後押しした。

 ○…東京医科大学に入学したての頃、ガタイの良い上級生に囲まれ「メシ、食いに行くか」と半ば強引に連れて行かれた。薄々、部活動の勧誘と気づいていたが、何部か分からない。寿司をたらふく食べ、その後キャバレーへ。酩酊した翌朝、目が覚めたのは相撲部の寮だった。「辞めるとは言えないよね」。6年間、相撲に打ち込んだ。二子山部屋に寒稽古に行き、初代貴ノ花や隆の里の胸を借りたことも。「バットを持っても勝てない。人間じゃない強さ」と懐かしむ。家に帰る暇もない外科医時代をこなせたのも稽古で培った体力があったからこそ。「相撲で鍛えていて良かった」

 ○…多忙を極める中、趣味のクラシックコンサートに行く機会はめっきり減った。それでも「9月にブロムシュテットが振るので、何とかして行きたい」と目を輝かせる。スポーツから音楽まで幅広い趣味で「人間力」を培う。「たまには”変な人”が会長をやらないとね」とニヤリ。型にはまらない柔軟さと牽引力で協会に新しい風を吹き込む。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

松本 隆之介さん

横浜DeNAベイスターズに入団した

松本 隆之介さん

横浜高校 3年

1月14日号

畑中 一希さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

畑中 一希さん

金沢区在住 20歳

1月7日号

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月1日号

伊藤 明人さん

洋光台SUNSUN商店会の会長に就任した

伊藤 明人さん

磯子区洋光台在勤 36歳

12月17日号

松浦 照朝さん

洋光台連合自治町内会の相談役を務める

松浦 照朝さん

磯子区洋光台在住 84歳

11月26日号

金田 喜稔さん

元サッカー日本代表で、FC T.BRUEのスーパーバイザーを務める

金田 喜稔さん

62歳

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク