金沢区・磯子区版 掲載号:2015年10月1日号 エリアトップへ

初めての個展を開く、チョークアーティストの 小泉 奈穂子さん 釜利谷東在住 30歳

掲載号:2015年10月1日号

  • LINE
  • hatena

「自分に万歳できる人生を」

 ○…黒板に色鮮やかな絵を描くチョークアート。「元気になると言われるのが一番嬉しい」。喜びの反応や笑顔が次作への原動力だ。楽しみに待ってくれる人たちのために、今度は「自分から発信して一本立ちしたい」。30歳の節目に、初となる個展開催を決意した。

 ○…実家は祖父から続く「看板屋」。もの作りをそばで見て育った。だが絵は好きなものの落書き程度。友達を作るや否や高校も半年で中退。「10代はその日が楽しければ良い。先のことは考えていなかった」と苦笑いする。カフェや音楽、興味を持って飛びついては挫折。気付けば周りは進学に就職にと一歩を踏み出していた。「わたしの時間だけ止まっていた」。朝まで仕事を掛け持ちする生活に、焦りや不安も加わり救急搬送されたのはそんな時だった。

 ○…「絵だけは描いてきたね」――。療養時に言った母の一言が胸に響いた。「褒められることは少なかったけど、絵があったと気付いた」。同じ頃、手伝い始めた家業。「祖父の時代の看板は手描き。手作りに惹かれた」。指で描くチョークアートなら自分の絵を生かせるのではと思い立った。教室に通うも周囲のレベルに圧倒され、また挫けそうになることも。だが、厳格な祖父が時に涙を浮かべ、毎晩聞かせる苦労話に徐々に心が固まっていった。

 ○…「VIVANA」のペンネームで活動する時も。「自分に万歳できる人生を送りたい。ビバ奈穂子の意味」と笑う。10代以来の人脈が生き、結婚式のウェルカムボードや店の看板を任されるように。大事にしているのは依頼者の要望。「話さないと描けないものがある」。特別な日のボードは、初デートの場所やゆかりの品など、丁寧に聞き出した心づくしの脇役で彩る。「絵は繋がるツール。人と触れ合うのが好き」。自分らしさを生かし黒板に向かう。目標は教室を持つこと。「いつでもどんな自分でも頑張ればできる。自分の生き方でそれを伝えていければ」

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

磯子区滝頭在住 43歳

2月20日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

磯子区在勤 37歳

2月13日号

熊王(くまおう) 孝弘さん

知的障害を持ち、「働きたい!私のシンポジウム」で講演をした

熊王(くまおう) 孝弘さん

金沢区在勤 21歳

2月6日号

渡邊 永望(えいみ)さん

渡邊 永望(えいみ)さん

全国学生英語プレゼンテーションコンテストでインプレッシブ賞を受賞した

1月30日号

溝口 早苗さん

洋光台地区社会福祉協議会の会長を務める

溝口 早苗さん

磯子区洋光台在住 68歳

1月23日号

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

趣味の一環でパントマイムをはじめとする大道芸をする

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

金沢区並木在住 69歳

1月16日号

服部 誠さん

1月13日に「てんでんこ競争」を初開催するてんでんこプロジェクトの代表を務める

服部 誠さん

金沢区洲崎町在住 43歳

1月9日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

由緒ある雛人形を展示

由緒ある雛人形を展示

旧伊藤博文金沢別邸で

2月1日~3月3日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク