金沢区・磯子区版 掲載号:2015年10月29日号 エリアトップへ

横浜創学館伊勢野選手 空手で日本一に 冷静な試合運びで「圧勝」

スポーツ

掲載号:2015年10月29日号

  • LINE
  • hatena
賞状を手にする伊勢野選手
賞状を手にする伊勢野選手

 和歌山県などで10月6日まで開催された「第70回 国民体育大会」の空手部門で、横浜創学館高校の伊勢野大介選手(3年)が初優勝を成し遂げた。3歳から空手を始め、これまで全国行きを掴むも2位止まり。高校生活の集大成となる大舞台で、夢の「日本一」を手にした。

 出場したのは主に高校生を対象とし、都道府県代表47人が集った組手個人・少年男子。試合時間2分の中で打撃や蹴りを応酬し、その獲得ポイントを競った。

 昨年のベスト8を超える、全国の頂点を目指して臨んだ国体。初戦から決勝戦まで6試合を戦い、合計27ポイントを奪う一方で、対戦相手に献上したのは1ポイントのみ。「圧勝」とも言える戦いぶりを見せた。

 栄冠を手繰り寄せたのが、高いディフェンス力。相手の攻撃の間合いを見極め、決定打を与えなかった。特に開催地・和歌山代表と相対した決勝は、アウェーの雰囲気に動揺することなく、冷静かつ安定した試合運びで3対0と勝利した。

強敵から学ぶ

 兄の影響で3歳から空手を始め、藤沢市の道場で腕を磨いた。昨年からは2年連続で日本代表に選ばれるほどだが、中学時代は「県レベル」。初めて全国に挑んだ中学3年では、レベルの違いに圧倒された。

 「急成長」を見せたのは同校へ進学後。「強くなるためなら、自分のプライドなんて関係ない。見栄を張るような余裕なんてなかった」。県屈指の強豪校に集まるのはレベルの高い仲間。同校のほか、他校の強豪選手からアドバイスを貰った。

「応援に感謝」

 1、2年の全国高校空手道選抜大会では2年連続で準優勝。優勝を僅差で逃してきただけに、国体にかける想いは人一倍強かった。「15年間空手に取り組んできて初の日本一。最高の一言」と満面の笑顔を見せる。

 日本一に押し上げた力の一つは、兄や両親、同じ県代表の仲間からもらった声援。「多くの人に支えられたから優勝できた」。応援に感謝を寄せる。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

跡地利用案に意見募集

根岸住宅地区

跡地利用案に意見募集 社会

市大附属2病院の移転先候補に

10月29日号

事業のオンライン化推進

市内ケアプラ等

事業のオンライン化推進 社会

全館にWi−Fi整備へ

10月29日号

「ちょこっとボラ」設立

磯子地区

「ちょこっとボラ」設立 社会

地域の支え合い築く

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

地域交通で移動支援

金沢区富岡西地区

地域交通で移動支援 社会

実用化見据え、利便性拡大

10月15日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 社会

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月9日18:45更新

  • 9月3日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク