金沢区・磯子区版 掲載号:2015年11月12日号 エリアトップへ

区内消防・福祉関係者 搬送時の「困惑」解消へ 意見交換会を初開催

社会

掲載号:2015年11月12日号

  • LINE
  • hatena
現状を伝え合った
現状を伝え合った

 傷病者の迅速な救急搬送を目指そうと10月26日、区内の福祉関係者と医師、金沢消防署員ら33人が参加した意見交換会が、金沢区三師会館で初めて行われた。

 社会福祉施設から傷病者が救急搬送される際、矢継ぎ早に質問をする救急隊側に対し、施設職員は戸惑いを感じていたという。両者の溝を埋めようと、それぞれが感じている率直な思いが交わされた。

早急な搬送目指すも…

 金沢区内の救急出場件数は、2014年で9687件に上る。一方で、区内にある救急車は4台。搬送の効率化が不可欠だ。

 救急搬送の際、救急隊は、傷病者が急変した際の状況や持病、飲んでいる薬、かかりつけ医の有無などを現地で確認し判断して、搬送先を決定する。同署警防課の宇多範泰さんは「(一刻も早く搬送し)命を救いたいという気持ちから、矢継ぎ早に質問をしてしまうこともある」と明かす。

 一方、急かすように質問をする救急隊に対して、福祉施設の職員は戸惑いを感じているという。例えば、夜間の老人ホームで救急搬送が必要になるケース。看護師を配置していない施設も多く、介護福祉士では、入所者が倒れた原因や状況を専門的に伝えられないことがある。蘇生処置を希望するかどうかを家族に確認できない場合も多い。

 また訪問看護師が高齢者宅へ訪問している最中に急変した際など、救急隊は救急車への同乗を求めるが、人員不足などが原因で応じることが難しいことが多いという。

「顔の見える関係を」

 これまで、互いの状況や思いを話し合う機会がほとんどなかったという。宇多さんは「『もやもやした気持ちが解消した』という方もいた。すぐに対策をつくることは難しいが、まずは顔の見える関係から作っていきたい」と話した。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

医療体制拡充に56億円

横浜市

医療体制拡充に56億円 経済

コロナ第2、3波に備え

7月9日号

受賞作が決定

70周年記念俳句コンクール 岡村公園

受賞作が決定 文化

7月9日号

市教育長に大会開催訴え

市内中学生保護者ら

市教育長に大会開催訴え 社会

署名2610筆届ける

7月9日号

市会図書室 一般利用も

市会図書室 一般利用も 政治

移転で可能に

7月9日号

虐待 LINEで相談

虐待 LINEで相談 社会

横浜市 7月から導入

7月9日号

「撮っておき」の写真募集

「撮っておき」の写真募集 文化

市営交通カレンダー企画

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 7月9日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 6月23日19:45更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク