金沢区・磯子区版 掲載号:2016年2月25日号 エリアトップへ

市経済局長インタビュー 産業団地の未来、協働で 来年度、プラン策定へ

経済

掲載号:2016年2月25日号

  • LINE
  • hatena
インタビューに応じる林局長
インタビューに応じる林局長

 横浜市経済局は、先ほど発表した2016年度予算案に、新規事業となる「金沢臨海部の産業集積の促進と地域の活性化に向けたプラン策定」を盛り込んだ。本紙は林琢己局長にインタビューし、その内容や目指す所などを聞いた。

 ◇

 ――新規事業を盛り込んだ背景を教えてください。

 林局長――鳥浜や金沢産業団地ができたのは、今から30年以上前。当初は企業の業種別に地区分けされていました。しかし、近年は新企業の参入などで、様々な業種が混在するように。2010年に地域まちづくりルールを制度化しましたが、今一度、地域の将来について地元の方々と一緒に考え、新ビジョンを作っていきたいと思っています。

 ――昨年8月から、横浜金沢産業連絡協議会や金沢団地協同組合、区役所と研究会を立ち上げ、取り組んできたそうですね。

 林局長――予算に組み入れた今年度から、議論を本格化します。モノづくりの環境は技術の進歩とともに、どんどん変化しています。行政のやらなければいけないことは、きちんと新技術やツールの情報提供をし、チャンスをつかもうとしている中小企業が時代の波に取り残されないようにすること。少子高齢化が進む現代、魅力ある産業団地にならないと、人材確保もますます厳しくなるでしょう。これは、団地の将来像を考えるいいタイミングだと思います。

 産業団地にはライフイノベーション特区もある。成長産業を取り入れていくことで、波及効果が出ることが望ましい。周辺企業との連携などもあわせて議論していきたいと思います。

 ――横浜南部市場の跡地活用事業の進捗も注目されています。

 林局長――順調に進めば2018年ごろには新たな「賑わいエリア」が整備される見通しです。様々な産業が集積しているのが金沢のウリ。産業そのものではない資源をどう生かすかも今後の課題です。例えば、産業団地の観光ツアーなどを通して、日本だけでなく世界にも団地の魅力を発信していければと考えます。地元企業と二人三脚で、金沢臨海部の産業を盛り上げていきたいですね。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

15年ぶりに幸福の花

15年ぶりに幸福の花 社会

「人生に改めて感謝」

12月5日号

小児病棟内に星空を

横浜市大附属病院

小児病棟内に星空を 教育

患者や家族の癒しに

12月5日号

VRで水槽内を探検

横浜・八景島シーパラダイス

VRで水槽内を探検 社会

水中ドローンを操縦

12月5日号

笑点メンバーが出演

笑点メンバーが出演 文化

来年2月 ふるさと寄席

12月5日号

海の公園を走ろう

海の公園を走ろう スポーツ

ロードレースの参加者募集

12月5日号

星の物語を事典に

並木在住出雲さん

星の物語を事典に 文化

2000項目以上掲載

12月5日号

ひきこもり集中相談会

ひきこもり集中相談会 教育

7日 K2主催

12月5日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カナガワ国際児童画展

カナガワ国際児童画展

12月10日から区役所2階で

12月10日~12月15日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク