金沢区・磯子区版 掲載号:2016年2月25日号 エリアトップへ

各所で認知症カフェを企画する認知症三者連絡会議の代表を務める 乾 和夫さん 六浦南在住 74歳

掲載号:2016年2月25日号

  • LINE
  • hatena

新劇で培った社会貢献の志

 ○…「認知症の活動を広めるには、当事者であるシニアと福祉保健のプロが連携することが重要」と2014年、認知症三者連絡会議を立ち上げた。今年度、助成を受け2、3月に数カ所の認知症カフェを開催する。「私自身ももの忘れがひどくなったと自覚している。高齢者にとって避けては通れない問題」と話す目は真剣そのものだ。

 ○…2010年、自身が住むマンションでシニアクラブを作った。その後すぐ、東日本大震災が発災。電気と水が止まり不安な高齢者がいるだろうと、真っ暗な中、有志で高齢者宅を回った。「階段を上がったり下がったり。足がガクガクするほどだった」と笑う。これを契機に、同クラブの会員は倍増。住民同士で助け合うことを皆が期待していると実感した。

 ○…「シニアクラブも高齢者だけで楽しむのではなく、多世代が触れ合う取り組みをすべき」というのが信条。焼き芋大会や折り紙教室など子ども対象の催しも少なくない。6年間続けているのは、登校学童のパトロール。仲間と共にほぼ毎朝、四つ角に立つ。当初、挨拶しない児童に対し、一計を案じた。男子の集団に声をかけ、「角に立っている見守りの人に、『おはようございます』って驚かしてごらん」と提案したのだ。そんな積み重ねが、ハイタッチやじゃんけんを交わす現在の風景を生み出した。

 ○…「もともとは内気で大人しい少年だった」と苦笑い。考え方や行動をガラリと変えたのは、新劇での経験だ。「皆の生き方に衝撃を受けた」。ジェームス・ディーンに憧れる青年は、社会的意識を持って行動する新劇の仲間に触れ、問題意識を強めていく。「あの経験がなければ、今の行動力はないかもしれない」と振り返る。目指すのは”おひとり様高齢者”を地域で支える仕組み作りだ。「地域力が試されるところ。仲間がいればこそなので、町内会でチームを作り対応していければ」と力を込めた。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

武藤 隆夫さん

横浜市電保存館の館長を務める

武藤 隆夫さん

磯子区滝頭勤務 50歳

12月12日号

佐藤 清江さん

磯子区で「植物を学ぶさ・ん・ぽ」等の講座を持つ

佐藤 清江さん

磯子区磯子在住 75歳

12月5日号

鈴木 恭一さん

大道ふれあいむかし資料館で所有するクラシックカメラとその作品を展示する

鈴木 恭一さん

金沢区柳町在住 69歳

11月28日号

大隅 麻奈未さん

メゾ・ソプラノのソリストとして活躍する

大隅 麻奈未さん

金沢区富岡東在住 45歳

11月21日号

曽屋 剛和さん

曽屋動物病院の院長で「いそねこ協議会」の会長を務める

曽屋 剛和さん

磯子区杉田在住 57歳

11月14日号

門馬 勇一さん

富岡みどり会商店街の会長を務める

門馬 勇一さん

金沢区富岡西在住 70歳

11月7日号

田沼 広之さん

ラグビーワールドカップ2019のアンバサダーを務めるラグビー元日本代表の

田沼 広之さん

金沢区大川在住 46歳

10月31日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク