金沢区・磯子区版 掲載号:2016年3月31日号 エリアトップへ

4月1日から金沢消防団長に就任する 平野 龍雄さん 釜利谷東在住 68歳

掲載号:2016年3月31日号

  • LINE
  • hatena

「自分の地域は自分で守る」

 ○…半世紀近く、消防団員として地域の暮らしを守ってきた。その尽力に、昨年5月には栄誉ある藍綬褒章を受章。4月からは529人を束ねる団長として、金沢の街を守る。「消防団がいるから安心して暮らせると思ってもらえるよう活動したい」と襟を正す。

 ○…生まれも育ちも釜利谷東。「変わらないのは手子神社だけ」と懐かしむ。田や山を駆け、宮川でエビやフナ釣りを楽しんだ少年時代。「皆うちに集合して学校へ行く。引き連れて遊ぶガキ大将だった」と笑う。山林火災が多かった当時、颯爽と出動する消防団員をよく見ていた。「かっこ良いと憧れた」。釜利谷中学を卒業すると大工の道へ。「ぼろ家の実家を建て直すまでと思ったが、形あるものを作る喜びを知り、続けてきてしまった」と冗談めかす。その後、消防分団小屋や町内会館も手掛けている。

 ○…「ここで育ち、生きていく。地域のために役立ちたい」。自分の地域は自分で守ろうと、消防団に入団したのは25歳の時。小柴貯油施設のタンク爆発など、大規模火災の現場も経験した。20年ほど前、町内で連続放火があった時のこと。現場を警察に任せ、団員4人と引き返そうとした矢先に目の前で火柱があがった。「すぐに放水し隣接の建物には燃え移らなかった」。日々の訓練の必要性を改めて感じる。現在、所属する班では高齢者施設や消防車両が進入できない幅の道路など、住人や地域の特性に合わせた訓練を積む。「大規模災害時は署員だけでは間に合わないことも。地域や地形に詳しい人が強みになる」。土地に根差す消防団の重要性を説く。

 ○…父の姿を見ていた2人の息子も消防団員。「地域の中で頑張れ」と伝えてある。「防災意識を高めるには、地域の人の目に留まる活動をすること」。訓練や啓発に加え、区内でもポンプ操法大会を開きたいとの声もある。「地域を守るんだという思いを一人ひとりが持てる団を作りたい」

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

石原 健さん

7月1日付けで中区・西区・磯子区の一部LCを束ねるゾーン・チェアパーソンに就任した

石原 健さん

横浜市内在住 55歳

9月23日号

岡本 富夫さん

氷取沢市民の森愛護会の会長として、農業専用地区でコスモスを育てる

岡本 富夫さん

磯子区氷取沢町在住 75歳

9月16日号

田川 尚登さん

NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクトの代表理事を務める

田川 尚登さん

横浜市在勤 62歳

9月9日号

村上 悠緋さん

2023年シーズンからJリーグの横浜F・マリノスへの加入が決まった

村上 悠緋さん

関東学院大学3年 20歳

9月2日号

藤田 打一さん(本名:藤田大智)

アイロンビーズ作家として本を出版した

藤田 打一さん(本名:藤田大智)

磯子区杉田在住 36歳

8月26日号

坂爪 正博さん

磯子区消費生活推進員の代表を務める

坂爪 正博さん

磯子区坂下町在住 70歳

8月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月26日0:00更新

  • 8月12日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook