金沢区・磯子区版 掲載号:2016年6月16日号 エリアトップへ

著書「ミャンマーに学ぶ海外ビジネス40のルール―善人過ぎず、したたかに、そして誠実に」を発行した 深山 沙衣子さん 並木在住 36歳

掲載号:2016年6月16日号

  • LINE
  • hatena

ミャンマーの”心”伝える

 ○…「日本という国で、日本人と外国人が良い関係を築くには歩み寄ることが必要」。執筆の根本に自身のテーマがある。2011年に結婚したミャンマー人の夫と翌年、並木で立ち上げた「日本ミャンマー支援機構」。進出を目指す日本企業や、日本で働きたいミャンマー人――支援を通し見えたのが、思考や行動の理解不足が招くすれ違いだった。「それを伝えることで進出する人、学ぶ人、旅行する人の役に立てれば」。そんな思いでペンをとった。

 ○…初めてのカルチャーショックは15歳、アメリカで経験した。「全く違う世界があると知った」。次は進学先の高校。中華街から通う生徒も多く、休みの度に家族参加で家業を手伝う姿に日本と違う文化を感じていた。広告代理店を経て出版社へ。外国人の医療実態を取材する中”ミャンマー”と出会う。「日本に移住せざるを得ない、難民の存在に興味をひかれた」

 ○…タイ国境での難民キャンプなど、ミャンマー人を深く追うように。そんな折、難民の夫と出会う。「外国人の夫だけ給料が払われないこともあった」。起業を後押した一因だ。家族思いの性格が彼らの魅力という。給料の9割を仕送りする稼ぎ頭も。だからこそ就職面接で「家族に相談する」と答えるのは必要なこと。自立できないと捉えられてしまうのが、やはり日本人との思考のギャップだ。

 ○…企業から、現地で車を借りたい旅行者まで多様な依頼が舞い込む。「初めてミャンマーを訪れる人の学校みたいなもの」と笑う。ミャンマー人も毎週のように相談にくる。「誇りを持てる仕事を探し、人生のステップアップを手伝えたら一番嬉しい」。企業にミャンマー人の思考などを伝え理解を求める一方、彼らに漢字の読み書きや朝礼の仕方まで教育する。「信じてくれる人のために時間をかけたい。心のつながりがないと」。信頼関係が要なのは国が違えど変わりはない。両国の絆をつないでいく。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

木村 仁さん

5月28日付けで横浜マーチャンダイジングセンターの理事長に就任した

木村 仁さん

磯子区丸山在住 68歳

6月27日号

菊地 茂雄さん

6月1日付で金沢区佛教会の会長に就任した

菊地 茂雄さん

金沢区釜利谷東在住 58歳

6月20日号

春風若イチローさん(本名:高柳誠)

15日のいそご地域活動フォーラムで腹話術を披露する

春風若イチローさん(本名:高柳誠)

金沢区能見台東在住 79歳

6月13日号

舩嵜(ふなざき) 博和さん

4月25日に横浜商工会議所金沢支部長に就任した

舩嵜(ふなざき) 博和さん

金沢区能見台在住 48歳

6月6日号

武 紘一さん

5月21日付で令和初となる春の黄綬褒章を受章した

武 紘一さん

金沢区長浜在住 78歳

5月30日号

山口 晴幸さん

海洋越境廃棄物の現実をまとめた論文で「南山舎やいま文化大賞」を受賞した

山口 晴幸さん

金沢区能見台通在住 70歳

5月23日号

宮崎 正男さん

若手経営者を育成する金沢文庫「喜働塾」 塾長を務める

宮崎 正男さん

金沢区富岡西在住 87歳

5月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月20日0:00更新

  • 6月6日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

苅部さんが指導法語る

リオ五輪リレーコーチ

苅部さんが指導法語る

7月5日 横浜市大で

7月5日~7月5日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月27日号

お問い合わせ

外部リンク