金沢区・磯子区版 掲載号:2016年6月30日号 エリアトップへ

能見台七夕祭りが復活 巨大流しそうめんも

社会

掲載号:2016年6月30日号

  • LINE
  • hatena
流しそうめんの準備をする実行委員会メンバー
流しそうめんの準備をする実行委員会メンバー

 「能見台駅前七夕祭り」(主催/同実行委員会)が7月3日(日)、開催される。能見台駅前商店街と愛と勇気とさんま実行委員会、珈琲屋がじゅまるの木の共催。時間は正午から午後5時。流しそうめんのほか、ステージショーなどが行われる。

 2008年まで能見台駅前商店街が能見台で毎年開催していた七夕祭り。しかし参加店舗の伸び悩みや実行部隊の高齢化などを理由に、ここ数年は開催が見送られてきた。

 「七夕祭りは20年以上やってきたイベント。これだけは続けていきたいという思いはあった」と同商店街の遠藤尚男会長は話す。今回は、横浜南部市場の有志から成る「愛と勇気とさんま実行委員会」などが共催を申し出て、実施の運びとなった。遠藤会長は「今回はテストケースとしての実施だが、出来れば続けたい」と成功を祈る。

復興支援も

 当日は能見台駅から横浜中学高等学校までの道路を歩行者天国に。午後2時と4時の2回、熊本産のそうめんを使い、手作りの巨大流しそうめんを行う。同実行委員会(小林英生実行委員長)は約2週間前から流しそうめんに使う竹を山から切り出し、節をとる作業を行うなど、そうめん台の制作準備を進めてきた。

 珈琲屋がじゅまるの木の店舗前付近には簡易ステージを設置。心地よい音楽演奏が、祭りを盛り上げる。

 また、地元店舗などがテントで出展。それぞれイチオシの商品を提供・販売するほか、愛と勇気とさんま実行委員会は東北と熊本の復興支援も兼ねた物産市を開く。さんま1000尾の炭火焼き無料配布に加え、東北のほたてや蒸しウニ、牛タンつくね、熊本産の海藻、地元の野菜などを販売する。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

1団体・1人が受賞

金沢区区民栄誉賞

1団体・1人が受賞 社会

スポーツ分野で功績残す

1月21日号

市内に特設交付拠点

マイナンバーカード

市内に特設交付拠点 社会

市、21年度に向け検討

1月21日号

緊急事態宣言、対応追われる

緊急事態宣言、対応追われる 社会

飲食店から「厳しい」の声

1月14日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

グランプリ目指し本番へ

ミス日本コンテスト

グランプリ目指し本番へ 社会

横市大 4年 川内美月さん

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク