金沢区・磯子区版 掲載号:2016年8月4日号 エリアトップへ

発達障害がある息子との日々をつづった「チャリンコよっちゃん」の著者 杉原 ユウ子さん 六浦在住 67歳

掲載号:2016年8月4日号

  • LINE
  • hatena

息子の成長、母の光に

 ○…「みんな優しい。横浜が好きや」――。30年以上暮らした姫路を離れて戻った横浜で、発達障害のある長男が言った。度重なるパニックで荒れ、物や自身の身体を破壊していた頃から落ち着きを取り戻しつつある。「時が彼を成長させ、環境が彼を変えていった」。息子との生活をつづることで、同じように悩む母親の小さな救いになれば。そんな思いで筆をとった。

 ○…六浦出身。親が薦める教師の道から逃れるように看護学校へ。結婚後、夫の実家がある姫路で看護師として働く中、長男を授かった。「傲慢なお母ちゃんだった」。漢字の書き取りだけで2時間。学力は遅れをとる一方だが、小中学は普通クラスに通わせた。だが学校での不満は家で爆発する。「新築の家に穴が100ヵ所以上」。頭をかち割っては流血騒ぎ。そんな日々も慣れてしまえば「またかいな。薬つけとけば治るわって。看護師の経験が生きた」と快活に笑う。

 ○…「おかん怒っとんのけ」。価値観を押しつけていたと気付いたのが、繰り返されたこの言葉。養護学校へ進学すると、平穏な姿に近づいていた。パニックが起きても部屋の隅で100まで一緒に数える。そうして抱くと静まるのだ。「チャリがあれば日本中行ける」と教師が薦めた自転車も自信をつけた。筋肉もつけた。ある日、長女の使う草刈り機が太ももをざっくり切る事故が起きた。骨まで届かなかったのは筋肉のおかげ。「そばにいた僕が悪かった」。うろたえる長女にかけた一言が胸に刺さる。「あの場面で妹を気遣えるとは本物の人間。光るものを見た」

 ○…受け入れられない環境下でも、外に連れ出し何でもやらせた。36歳の今では一人で暮らし炊事洗濯もこなす。相棒は自転車。「堂々と風を切ってどこまでも行く。自然に息ができている」。手が離れつつある今、次は多くの母親と話がしたい。「一人の戦うお母さんの気分転換になれば。よってらっしゃいって」

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

磯子区3団体説明会開催

有償ボランティアやってみませんか?

http://www.fukushi-club.net/

<PR>

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

青山 珪香さん

自身の作品をまとめた本「今を大切に君の人生だよ」を出した書家の

青山 珪香さん

金沢区並木在住 83歳

2月25日号

渡邊 秀真さん

【Web限定記事】春高バレーで準優勝した駿台学園の主力として活躍する

渡邊 秀真さん

磯子区岡村在住 16歳

2月18日号

小野 惠嗣(よしつぐ)さん

磯子区を中心に活動する「インターネットふれあい亭」の代表を務める

小野 惠嗣(よしつぐ)さん

磯子区杉田在住 80歳

2月11日号

岡田 隆雄さん

今年度40周年を迎えた横浜市シルバー人材センターの理事長を務める

岡田 隆雄さん

金沢区六浦南在住 62歳

2月4日号

荘 シルビアさん

金沢区の街の先生で、草月流いけばなの免状を持つ

荘 シルビアさん

金沢区柳町在住 58歳

1月28日号

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

横浜市内在勤 39歳

1月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月16日18:54更新

  • 1月21日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク