金沢区・磯子区版 掲載号:2016年8月25日号 エリアトップへ

今年度から運営を湘南八景自治会に移行した「資源リサイクル会」の会長を長年務めた 木下 薫さん 東朝比奈在住 71歳

掲載号:2016年8月25日号

  • LINE
  • hatena

資源生かした四半世紀

 ○…「ようやく肩の荷がおりた感じ」。今年度から、約25年間続けてきた「湘南八景自治会資源リサイクル会」の運営を自治会へと移行した。9年前に夫を亡くしてから、考え始めたのは「もし私が病気になったら…」。「業者さんの生活もかかっているので、辞めるわけにはいかない。ならば会を『後に続く形』にしないと」という思いを強くした。そこで原点に戻り、事業を古紙回収に一本化。負担の少ない形で引き継いだ。今年1年はアドバイザーとして、見守っていく。

 ○…25年ほど前、見学にいった横浜市のゴミ処理場でビンも洗濯機もいっしょくたに燃やされる現状を目の当たりにした。「東京都はすでにごみの分別を開始していた。生かせる資源は生かさないと感じた」と振り返る。自治会の環境事業推進員ということもあり、1年間かけて仲間と構想を練った。1991年、回収ポイントを13カ所つくり、ビン・カンと古紙の回収を開始。ポイントに立つボランティアを募ると、苦も無く136人が集まった。

 ○…94年に市が分別を開始してからは、古紙回収が活動のメインに。一方で、地域で不用品の交換ができるような情報を掲載したかわら版の毎月発行、夏祭りの大型不用品交換会、リサイクル製品の制作会など活発な活動を重ねた。「続出する問題はあったけど、なんとかやってこられた」と笑顔。25年間の収益は約1500万円。ごみ回収のネットボックスや災害用品などの購入費用や子ども神輿、被災地への寄付などに充ててきた。95年には基金も設立し、積み立てている。

 ○…装飾の美しい芝山漆器を作り始めて18年。居間には自身の作品やお気に入りの漆器が並ぶ。何層にも漆を塗り、繰り返し磨く漆器作りは「気が遠くなるほど」。それでも「人ができることはできると思っている。手仕事は大好きなんです」とにっこり。漆器を磨くその手からは、モノを慈しむ心がにじむ。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

横浜市内在勤 39歳

1月21日号

松本 隆之介さん

横浜DeNAベイスターズに入団した

松本 隆之介さん

横浜高校 3年

1月14日号

畑中 一希さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

畑中 一希さん

金沢区在住 20歳

1月7日号

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月1日号

伊藤 明人さん

洋光台SUNSUN商店会の会長に就任した

伊藤 明人さん

磯子区洋光台在勤 36歳

12月17日号

松浦 照朝さん

洋光台連合自治町内会の相談役を務める

松浦 照朝さん

磯子区洋光台在住 84歳

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク