金沢区・磯子区版 掲載号:2016年9月22日号 エリアトップへ

開園30周年を迎える横浜自然観察の森記念トークショーに出演する 柳生 博さん (公財)日本野鳥の会会長 79歳

掲載号:2016年9月22日号

  • LINE
  • hatena

森に触れ、家族の絆感じて

 ○…都市近郊の市民が自然に触れ合うことを目的に1986年に開園した栄区上郷町にある横浜自然観察の森。市から森の保全や市民の環境教育、調査企画、ボランティア活動のコーディネートなどを任されているのが(公財)日本野鳥の会。そのトップを務め10月10日(祝)、横浜市開港記念会館で開かれる開園記念トークショー「森へ行こう!横浜自然観察の森の楽しみかた」にも出演する。

 ○…「稀にみる本当に素晴らしい森。ぜひ多くの方に知ってもらいたい。足を運ぶ度に横浜の自然を深く感じる」と絶賛。会長を務めて12年、ことあるごとに足を運んでいる。また会の多くのスタッフが、この森で育ち、全国各地にある森や自然をフィールドに活躍している。「横浜の人は、この森をもっと誇りに思っていい」と言葉を強める。

 ○…俳優・タレントとして活躍。40歳近くになってドラマや映画、テレビ番組の仕事の量が大幅に増え、忙しい時は年間700本以上をこなした。「自分は働く喜びを見出しているから良いが家族・夫婦がもたなくなっていた」と話し、一番こたえたのは子どもが自分の仕事のことでいじめられるなど、家族への影響を挙げ「一番大事なのは家族。普通の親子、普通の家族でありたい」との想いから八ヶ岳への移住を決意した。「向いてないんだよねぇ、僕は都会に」。半ば強引に引っ越したと当時を振り返り、越したばかりの頃には、夜中に森での作業に没頭し、警察官が度々訪れたこともあったと苦笑する。

 ○…「ぜひ、おじいちゃん、おばあちゃんが孫を連れて来てほしいなぁ」と、トークショーが行われる歴史ある開港記念会館で森や自然が身近だった子ども時代の昔話を孫とこの機会に語り、味わい楽しんだりしてみてはどうかと投げかける。「最後に何度も繰り返すけど、こんな近くにこんなに濃密な自然空間があることを知って欲しい」と言葉一つ一つに力を込めた。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

高島 哲さん

富岡並木ふなだまりgionbune公園愛護会の会長や一般社団法人金沢シーサイドあしたタウンの代表理事を務める

高島 哲さん

金沢区並木在住 74歳

1月20日号

井上 学さん

劇作家・演出家で「杉劇☆歌劇団」の講師を務める

井上 学さん

磯子区中原在住 56歳

1月13日号

沼尻 竜典さん

2022年4月から神奈川フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務める

沼尻 竜典さん

東京都在住

1月6日号

ボ·トゥ·レインさん

サインワイン奏者でミャンマーの伝統音楽を日本で伝える

ボ·トゥ·レインさん

金沢区金沢町在住 35歳

1月1日号

Kensuke Takahashiさん(本名:高橋憲助さん)

吉田町の巨大壁画を制作した

Kensuke Takahashiさん(本名:高橋憲助さん)

磯子区在住 44歳

12月23日号

江原 由美子さん

磯子区森の一般社団法人神奈川人権センターの理事長を務める

江原 由美子さん

西区在住 69歳

12月9日号

あっとほーむデスク

  • 10月26日17:54更新

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

感染症など題材に講演

感染症など題材に講演

2月12日、金沢公会堂で

2月12日~2月12日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook