金沢区・磯子区版 掲載号:2016年10月6日号 エリアトップへ

金沢文庫芸術祭のロゴのフォントをデザインした 高橋 李(もも)さん 平潟町在住 23歳

掲載号:2016年10月6日号

  • LINE
  • hatena

喜びのデザイン、世に発信

 ○…幼い頃から参加していた「金沢文庫芸術祭」に、デザイナーとして戻ってきた。開始した1999年から変わらぬ芸術祭の顔・ロゴのフォントデザインを一新。子どもの未来を願うイベントらしく「子ども目線に立ち、わいわい楽しいお祭りが伝わるようにデザインした」と話す。笑うように、踊るように、発行物に並んだタイトルが手にとる人の目を楽しませる。

 ○…芸術祭の拠点であるアサバアートスクエアで、絵を習い始めたのが5歳。自由な雰囲気のもと感性を磨いた。芸術祭に参加する中で芽生えた「自分にできることって何だろう」という思い。ジュニアスタッフを立ち上げた時は10歳足らずだった。「不要なペットボトルでお神輿を作り、ゴミを集めて回ったことも」と笑う。ダンス発表や物販など、いつしか子どものアイディアを叶える「虹の翼隊」に形を変え、芸術祭を支える存在に成長した。

 ○…決めたら行動に移す性格は、中学受験で「スイッチが入った」。一からスタートの環境に身を置くことにわくわくした。「何でもできるし、やっても良い。視界が開けた」と笑顔が溢れる。キャラものばかり真似ていた絵にも独自の変化が生まれ、描きたい欲が加速。言葉を超えて思いを伝えるデザインに興味を持ち、道を決めた。大学3年時は、一枚の写真でいじめ撲滅を訴えたポスターが入賞。自由な感性に「伝えたい意志を込めるようになった」

 ○…今年は虹の翼隊を取りまとめる役も担う。子どもたちに昔の自分に重ねる。「見守ってくれる大人がいたからやりたいことができた」。今度は背中を押す側に回り、意見をまとめ気づきを導く。「子どもたちの希望をどんどん叶え、隊を大きく育てたい」とほほ笑む。同時に自身の夢も追う。「デザインで人の役に立ち、喜んでもらえたら。もっと世の中に出したい」。その一歩を、芸術祭で叶えたばかり。「一つ目標を達成したのかな」とはにかんだ。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

宮崎 正男さん

若手経営者を育成する金沢文庫「喜働塾」 塾長を務める

宮崎 正男さん

金沢区富岡西在住 87歳

5月16日号

植松 哲平さん

FMヨコハマの夕方の人気番組「Tresen」のメインDJとして3年目を迎えた

植松 哲平さん

岡山県岡山市出身 39歳

5月1日号

片山 みささん

第8代横浜スカーフ親善大使に就任した

片山 みささん

磯子区杉田在住 58歳

4月25日号

西 涼光さん

4月に開講したトレボルNIHONGO教室の教室長を務める

西 涼光さん

金沢区六浦在住 33歳

4月18日号

猪俣 宏幸さん

4月1日付で磯子区長に就任した

猪俣 宏幸さん

港南区在住 58歳

4月11日号

濱崎 徹さん

シーサイドライン金沢八景駅の駅務区長を務める

濱崎 徹さん

金沢区在住 42歳

4月4日号

伊藤 知彦さん

3月7日に磯子区栄誉賞を受賞した

伊藤 知彦さん

磯子区洋光台在住 36歳

3月28日号

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 2月28日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バラに親しむフェア

グリーンファーム

バラに親しむフェア

5月22日〜6月2日

5月22日~6月2日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク