金沢区・磯子区版 掲載号:2016年11月17日号 エリアトップへ

六浦東 「もりのお茶の間」が開所 地域の「人材」が結集

社会

掲載号:2016年11月17日号

  • LINE
  • hatena
テープカットでお披露目に
テープカットでお披露目に

 六浦東地区の地域拠点「もりのお茶の間」(六浦東1の2の8)が11月10日、オープンした。多世代が集いやすく、地域の人々が持つ特技や強みを生かせる場をつくることで、高齢者や子育て世代の孤立解消や青少年の地域活動参加などを目指していく。

 地域住民の手で、「もり」の名にふさわしい緑色に塗り替えられた2階建ての空き家――。もりのお茶の間は、軽食やランチを提供するサロン事業、高齢者や子育て支援や防災ボランティアを行う支えあい事業、地域住民の手作り品の販売や集いの場を提供するレンタルボックス・貸しスペース事業、地域の人々が講師となり、大人の生涯学習や児童生徒対象の塾を開くスクール事業の4本柱で運営される。10日のオープニングセレモニーには國原章弘区長ら約100人が参加した。國原区長は「地域や大学、小学校、病院、行政が一体となり、そのつながりの中でできた拠点。多世代に向けたものは少ないので、気軽に集える場として機能することに期待している」と挨拶した。

地域ぐるみで完成へ

 もりのお茶の間づくりを中心となり進めてきたのが「六浦東・まち交流ステーション委員会」(岩崎建一朗会長)。同地区で20年前から始まった、住民の得意分野や特技を登録する「人材マップ」を軸に多世代が交流できる場づくりを目指してきた。今年1月に、地域の特性を生かし市民が生活環境整備を提案・遂行する「ヨコハマ市民まち普請事業」に認定。実現に向け、本格的にスタートした。

 築78年、限りなくゼロに近い耐震強度の空き家から拠点づくりが始まった。同事業の助成金ではまかなえない耐震工事費は地域に呼びかけ。300万円を超える寄付が集まった。今年6月からは解体工事を開始。「畳や壁を取り払う作業に、親子や夫婦など地域からのべ400人も参加してくれた」と岩崎会長は感謝する。外壁のペンキ塗や内装工事などにも、代わる代わる地域のボランティアが駆けつけたという。「みんなの手で間に合わせることができた」と岩崎会長。住民だけではなく瀬ヶ崎小、関東学院大、南共済病院など同地区の機関も関わり、まさに「人材」が集結してできあがった。

 見守りやぬくもりの意味をこめ、231件の応募のなかから選ばれた”もり”のお茶の間の愛称。「内閣府の『子供の未来応援基金』の対象にもなった。子どもから高齢者まで来てほしい」。拠点としてはもちろん、次世代を育む場を目指す。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

1団体・1人が受賞

金沢区区民栄誉賞

1団体・1人が受賞 社会

スポーツ分野で功績残す

1月21日号

市内に特設交付拠点

マイナンバーカード

市内に特設交付拠点 社会

市、21年度に向け検討

1月21日号

緊急事態宣言、対応追われる

緊急事態宣言、対応追われる 社会

飲食店から「厳しい」の声

1月14日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

グランプリ目指し本番へ

ミス日本コンテスト

グランプリ目指し本番へ 社会

横市大 4年 川内美月さん

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク