金沢区・磯子区版 掲載号:2016年11月17日号 エリアトップへ

街角で 小柴レモンのビール誕生 爽やかな苦みが特長

文化

掲載号:2016年11月17日号

  • LINE
  • hatena
「ビールの苦手な若い人にも味わってほしい」と話す笹川店長(右)
「ビールの苦手な若い人にも味わってほしい」と話す笹川店長(右)

 横濱金沢ブリュワリーLaFusion 菜 na(能見台通8の2/【電話】045・788・4575)は、柴町のレモンと区内福浦に工場がある加藤美蜂園本舗のアカシアのはちみつを使ったクラフトビール「小柴レモンのハニーエール」を完成させ、このたび、店舗での提供を開始した。

 現在、店で味わえるのは11月上旬に柴シーサイドファームにある小山収一さんの畑で収穫した黄色くなる前のレモンを使ったもの。一度冷凍し繊維を壊して香りが出やすくした上で、ドライホッピングの製法を用いて、レモンを加えた。ほのかな甘さと爽やかな苦みが香るビールに仕上がった。同店の経営者・藤井秀人さんは、「タンクで仕込むのが本来のあるべき姿。タンクの保管場所が確保できれば、すぐにでも醸造過程でレモンを加える製法に切り替えたい」としている。

肩肘はらず挑戦

 コンビニエンスストアでは手に入らないものを店で提供しよう――同店が酒造免許を取得し、クラフトビールの製造を始めたのは今年8月だった。コンセプトはビールだけでなく、料理にもこだわったブリュワリー。「これまで勝沼醸造のワインと料理のマリアージュ(相性)をテーマにやってきた。今度はクラフトビールとのマリアージュを提案していきたい」と藤井さんは話す。クラフトビールは小柴のレモンのほか、定番の「春風エール」など常時、5種類を用意する。

 「やってみたいものはいっぱいある」といたずらっぽく笑う藤井さん。頭にあるのは、シラスを釜揚げした茹で汁や熟れすぎたトマトを使ったビール。「”もったいない”っていう発想が好きなんです。肩ひじを張らずに、何にでも挑戦していきたい。お客様に喜んでいただけるのが一番なので」と真っ直ぐに話した。

小柴レモンのハニーエール
小柴レモンのハニーエール

鳥浜交差点の拡幅・改良が実現へ

左折専用レーン新設で4車線化など、渋滞緩和へ前進

http://www.takenouchi-takeshi.com/

<PR>

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

長浜公園の植物を冊子で紹介

【Web限定記事】横浜市金沢区

長浜公園の植物を冊子で紹介 文化

「草木めぐり」を園内で配布中

5月13日号

1日乗車券がICに

市営地下鉄

1日乗車券がICに 経済

紙は5月末で販売終了

5月13日号

六浦南小に絵画寄贈

市内出身島岡さん

六浦南小に絵画寄贈 文化

アフリカの文化伝える

5月13日号

磯子署へのぼり旗寄贈

警察官友の会

磯子署へのぼり旗寄贈 社会

アクティブ交番で活用

5月13日号

介護予防ボラ養成講座

介護予防ボラ養成講座 社会

参加者募集

5月13日号

区民カメラマンを募集

金沢区

区民カメラマンを募集 社会

区の魅力発信に協力

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域活動を紹介

地域活動を紹介

6月に展示や体験など

6月2日~6月15日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter