金沢区・磯子区版 掲載号:2016年11月24日号 エリアトップへ

モナオさん デビュー10周年で記念公演 12月3日に磯子公会堂

文化

掲載号:2016年11月24日号

  • LINE
  • hatena
歌手生活10周年を迎えたモナオさん
歌手生活10周年を迎えたモナオさん

 横浜市在住で金沢区内でも活躍する歌手・モナオさんが12月3日(土)、磯子公会堂(JR「磯子駅」徒歩5分)で10周年記念コンサートを行う。「モナオ歌謡フェスティバル」と題した同公演は、収益金を全額いそご地域活動ホーム「いぶき」の活動資金として寄付する。「応援してくれた方々へ恩返しができれば」とモナオさんは話す。

 公演にはモナオさんのほか、歌手の清水博正さんがゲスト出演する。午後1時開演。チケットは前売りで指定席3000円、自由席2500円(当日券はいずれも+500円)。

 問い合わせはモナオ事務局(【電話】03・5843・9195、【メール】aishitemonao@gmail.com)へ。

歌で誰かの役に

 子どものころからテレビやラジオの歌番組が好きだったというモナオさん。いつからか「歌手」という夢を思い描いていた。

 大学卒業後は芸能関係に関わりたいと、雑誌編集の会社に就職。だが、芸能人への取材を繰り返す日々のなか、忘れたはずの夢が膨らみ始めた。「30歳までにチャンスがなければ諦めよう――」。その後、コンクールで優勝したこともあったが、歌手への扉は重く、開けなかった。

 歌を諦めて働き始めたテニススクールで転機は訪れた。上司からスクールのイベントで「歌ってみろ」と言われ歌声を披露すると、その反応に手応えを感じた。「歌で誰かの役に立てることを知った。それまではカラオケ大会で『勝つ』ことばかり考えていたけれど」と苦笑する。高齢者施設を回って歌での慰問活動を始めると、コンクールでも評価されるようになり、2006年に念願のデビューを果たした。慰問活動は現在もなお続けている。

 今年3月、心筋梗塞で病院に緊急搬送されたが、幸いにも一命を取り留めた。「まだまだ歌で人のお役にたちなさい、そんな天の啓示を与えられた気がする」。今はゆっくり走れるほどに回復したといい、「いろんな人に自分の歌が届くように、無理せず、だけどもっと活躍していけたら」と声を弾ませる。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

海上と陸上で清掃活動

海上と陸上で清掃活動 社会

平潟湾で181人が参加

11月26日号

コロナ時代、どう生きる

コロナ時代、どう生きる 文化

講演会の参加者募集

11月26日号

進化し続ける洋光台

祝 50周年

進化し続ける洋光台 社会

半世紀の歴史 記念式典は来年開催

11月26日号

新たな商店会設立

新たな商店会設立 経済

飲食店4店舗で

11月26日号

28日に「ふろしき市」

フリーマーケット

28日に「ふろしき市」 文化

レトロ、ビンテージ品など

11月26日号

洋光台で「ニギヤカ」な1日

洋光台で「ニギヤカ」な1日 文化

28日 中央団地でイベント

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク