金沢区・磯子区版 掲載号:2016年11月24日号 エリアトップへ

2016年秋の叙勲で瑞宝単光章を授与された 野本 修三さん 富岡東在住 76歳

掲載号:2016年11月24日号

  • LINE
  • hatena

自覚高く地域守り半世紀

 ○…「消防団に恥じないよう、一生懸命活動することが地域の役に立つと思ってやってきた」。2011年の退団まで、消防団員として金沢の街を守ること半世紀以上。その功績が認められ、名誉ある瑞宝単光章を受勲した。伝達式のため皇居の豊明殿を訪れたばかり。「まさかもらえるとは。大変なこと」と頬を緩める。

 ○…漁師の街だった富岡東で生まれる。「八幡様のところまでずっーと海」。登校前は沖から帰る漁師の父を手伝い、帰ればふんどし一枚で一日中海を泳いだ。冬には冷たい手で海苔を何千枚と天日干し。「稼業に本気、遊びに元気が家訓だった」と笑う。中学を卒業すると漁師の道へ。同時に消防団に入団した。「何かあればすぐに街に出られる漁師が半分以上。当時はまだ地域の一員として入る感覚しかなかった」

 ○…自覚を芽生えさせたのが、75年頃に出場した県のポンプ操法大会。「敬礼など基礎から教わり徐々に意識が高まった」。訓練するのはいつも埋め立て途中の泥の上。半年かけて団員のいろはを身につけ、優秀賞をものにした。工業団地の埋め立てや能見台の造成など、地域を見守る中で時代も見つめてきた。分団長に就任した00年は女性隊員が誕生した年。分団小屋を使い易い環境にすべく「町内会を回って一所帯70円の寄付を募った」と団員思いの顔を覗かせる。だからこそ「口うるさく」なることも。「帽子のかぶり方や服装から、心構えをしっかりしないと。鬼軍曹と言う人も」と笑う。「組織には誰か一人厳しい人がいないとね」

 ○…「海が好き。漁師で一生を終わりたい」。100人以上いた仲間が陸に上がっても、未だ現役。朝5時に富岡川から沖に出る。「そりゃ楽しいよ。漁があった時の嬉しさがなければやってられない」。過酷な船の上だが、自身を育んだ海と共にいたい。地域への思いもあせない。「経験を伝えることが防災につながれば」。育った街に「恩返し」していく。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

松浦 照朝さん

洋光台連合自治町内会の相談役を務める

松浦 照朝さん

磯子区洋光台在住 84歳

11月26日号

金田 喜稔さん

元サッカー日本代表で、FC T.BRUEのスーパーバイザーを務める

金田 喜稔さん

62歳

11月19日号

平野 健太郎さん

11月7・8日に初の主催イベントを開催した八景市場を運営する

平野 健太郎さん

金沢区釜利谷東在住 43歳

11月12日号

荒木田 百合さん

横浜市社会福祉協議会の会長に就任した

荒木田 百合さん

中区在勤 60歳

11月5日号

五十嵐 裕子(ひろこ)さん

洋光台文化を創る会の副会長を務める

五十嵐 裕子(ひろこ)さん

磯子区洋光台在住 57歳

10月29日号

宝井 琴星さん

11月14日に金沢区の長浜ホールで講談「野口英世伝」を読む

宝井 琴星さん

港南区在住 72歳

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク