金沢区・磯子区版 掲載号:2017年2月9日号 エリアトップへ

横浜市ゲートボール連合の会長を務め、1月22日、横浜スポーツ表彰の受賞を受けた 岡田 喜久雄さん 東朝比奈在住 77歳

掲載号:2017年2月9日号

  • LINE
  • hatena

「役立たない経験はない」

 ○…「退職以来の大きな花束をもらった。これからも続けていこうという気持ちになる」と控え目に受賞の喜びを話す。「こんなに長くゲートボールに関わることになるとは」と感慨深げ。北海道根室市でゲートボールが生まれて今年で70周年。だが、高齢化や趣味の多様化が進み、会員は減少傾向にある。「これを契機に会員増強と活性化を図っていきたい」と意気込む。

 ○…昔から体を動かすことが好きだった。2005年、競技のいろはも知らない中、横浜市職員の経験を買われ、横浜市ゲートボール連合の副会長に。事務的な業務や市とのパイプ役を務めると、やがて競技そのものにも興味を持つようになった。「やってみると面白かった」。ゲートボールをより深く知るため、1級審判員をはじめ国際審判員、公認スポーツ指導者も取得。「頭を使うスポーツ。ゲームを読み、作戦を立てる。個人競技にはない面白さがある」とその魅力を話す。

 ○…練習は地域の仲間たちと。プレー前は足が痛いといっていた人が、ボールがゲートをくぐり思わず走ることも。夢中になって楽しめる環境が心地良い。「健康づくり、仲間づくりには非常に良い」と笑顔を見せる。仲間を増やそうと金沢区では毎年4月から9月の毎週水曜日、「新人教室」を開く。継続する難しさはあるが、「そこに行けば、教える人がいて遊ぶことができる。そういう場所があるのは、競技を広めるためにも大切」と力を込める。

 ○…「役立たない経験なんてないと思うんです」。自治会で会計を任され、悔しくて覚えたパソコンは、今や無くてはならない道具になった。「お年寄りのスポーツ」と思っていたゲートボールも、関わることで世界が広がった。だからこそ多くの人にゲートボールの良さを伝えたい――。イメージを変える第一歩は、「自分たちが元気はつらつでプレーすること」。「変える努力を怠らず、多世代に広げたい」と願う。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

溝口 早苗さん

洋光台地区社会福祉協議会の会長を務める

溝口 早苗さん

磯子区洋光台在住 68歳

1月23日号

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

趣味の一環でパントマイムをはじめとする大道芸をする

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

金沢区並木在住 69歳

1月16日号

服部 誠さん

1月13日に「てんでんこ競争」を初開催するてんでんこプロジェクトの代表を務める

服部 誠さん

金沢区洲崎町在住 43歳

1月9日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月1日号

武藤 隆夫さん

横浜市電保存館の館長を務める

武藤 隆夫さん

磯子区滝頭勤務 50歳

12月12日号

佐藤 清江さん

磯子区で「植物を学ぶさ・ん・ぽ」等の講座を持つ

佐藤 清江さん

磯子区磯子在住 75歳

12月5日号

鈴木 恭一さん

大道ふれあいむかし資料館で所有するクラシックカメラとその作品を展示する

鈴木 恭一さん

金沢区柳町在住 69歳

11月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

おやじバンドの競演

おやじバンドの競演

2月8日、金沢公会堂で

2月8日~2月8日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク