金沢区・磯子区版 掲載号:2017年2月16日号 エリアトップへ

並木第一小学校 育てた米で親に「感謝」 手作りおにぎりでもてなし

教育

掲載号:2017年2月16日号

  • LINE
  • hatena
家族におにぎりをふるまう
家族におにぎりをふるまう

 並木第一小学校(川村真弘校長)の5年生は2月4日に行われた授業参観で、保護者らに手作りのおにぎりをふるまった。おにぎりに使われたのは、児童が1年をかけて育てた米や、昔ながらの方法で手作りした海苔。学校で学んだ成果を通して、家族に感謝の気持ちを伝えた。

 「いらっしゃいませ」と元気に響く声。5年生71人が会場案内や接客係、おにぎりを作る係に分かれ、訪れた保護者をもてなした。この日ふるまわれたのは、”手作り”が詰まった「スマイルおにぎりセット」。あぶった海苔の上に丸く成形されたおにぎりをのせ、大根の漬け物やみそ汁もつけた。試食で味わったという直泰駕(なおたいが)くんは、「普通のごはんと違ってふっくら。海苔も海藻の味がちゃんとした」と笑顔をみせた。

 「社会科で農業を勉強したことをきっかけに、総合学習の時間で米作りが始まった」と話すのは学年主任の落合陽香教諭。校舎裏のスペースを使い、昨年6月上旬に土をなめらかにする代かきから開始。田植えを行い、各クラスの当番が水やりや草取りなど交代で管理してきた。秋には2kgの米を収穫。「割りばしを使った脱穀やすり鉢と野球ボールを使った籾摺(もみす)りを自分たちで調べていたが、苦労した様子。食のありがたみが分かったと思う」。大切に育てた米だからこそ「おうちの人に食べてもらいたい」と、企画が始動した。

「地域を知って好きに」

 「おにぎりなら、漬け物やみそ汁もつけよう」――。調べを進めるうちに見つけたのが、金沢区で昭和50年頃まで盛んだった海苔作り。NPO法人横浜金沢文化協会の協力を得て、授業参観前日の海苔作り体験が実現した。海苔切りから天日干しまで、昔ながらの技法だけでなく、埋め立てと共に海苔づくりが衰退した背景も学んだ。「こんなに建物が立っているのに、海苔を作っていたとは驚いた。自分の家も海だったかも」と宮田空くん。落合教諭は「いろんな工程を経て食卓にあがっていることを知れたのでは。また、地域の歴史を知って街を好きになってほしい」と期待をこめる。

 田植えを始め、米が口に入るまでかかった時間は6カ月。交流学年の2年生が育てた大根は漬け物に、海苔作りで余った生海苔はみそ汁にと、授業の成果を余すことなく使った”手作り尽くし”のおにぎりができあがった。保護者の簑輪純子さんは「最初から作ってここまでたどり着いたのはすごい。私たちもしたことがないような貴重な経験ができたのでは」と話していた。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

関東六浦高が全国優勝

女子ラグビーセブンズ大会

関東六浦高が全国優勝 スポーツ

悔しさバネに初の頂点

1月23日号

「指定ごみ袋制」検討へ

横浜市

「指定ごみ袋制」検討へ 社会

環境への配慮も背景に

1月23日号

2団体、4人が受賞

金沢区民栄誉賞

2団体、4人が受賞 社会

スポーツや文化分野で功績

1月16日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月16日号

いそピヨが10周年

磯子区地域子育て支援拠点

いそピヨが10周年 教育

利用者が記念演奏会に出演

1月9日号

3,643人が船出

金沢区・磯子区の新成人

3,643人が船出 教育

13日、横アリで式典

1月9日号

金沢からパラ五輪目指す

小曽根さん稲葉さん

金沢からパラ五輪目指す スポーツ

やり投げ、馬術の有力候補

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

おやじバンドの競演

おやじバンドの競演

2月8日、金沢公会堂で

2月8日~2月8日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク