金沢区・磯子区版 掲載号:2017年2月23日号 エリアトップへ

看護学生が「いのちの授業」 学童クラブで妊婦体験など

社会

掲載号:2017年2月23日号

  • LINE
  • hatena
聴診器で赤ちゃんの心音を聞く体験も
聴診器で赤ちゃんの心音を聞く体験も

 横浜市立大学医学部看護学科の学生による「いのちの授業」が2月18日、学童クラブ「六浦子供ホーム」で開かれた。通常、小学校で行われている取り組みのため、学童クラブでの開催は初めて。異なる学年の児童が一緒に受けても分かるよう、授業内容を一部アレンジして臨んだ。

 当日は約20人の児童が参加。専門教材を使い「妊婦体験」を始め、赤ちゃんの心臓の音を聞いたり、おむつ交換やだっこを体験した。味方友実さん(小6)は「赤ちゃんの心臓は超早かった。(妊婦体験は)重かったし落ちたものを拾うのが大変で、お母さんは大変だったと分かった」と感想を話した。保護者も妊娠していた時を振り返りつつ、自身の体験談を子どもたちに伝えていた。

 「親子で参加してくださったのは良かった」というのは看護学生の和田頼子さん(同大3年)。「命の大切さは自然に学ぶものだと思っていたが、社会情勢を考えると、今はこうした機会をつくっていく必要があると思う」と話した。

 この訪問授業は2006年度から、小学校の「看護の視点からアプローチして命の大切さを教えてほしい」という要望に応じる形でスタート。年1回程度の開催だったが、今年は依頼が多くすでに3回の授業を行ったという。「いのちの授業を世の中が必要としているのでは」と同大の佐藤いずみ助教は話した。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

40周年記念し講演会

金沢図書館

40周年記念し講演会 文化

10月4・11日

9月17日号

区文化センター設置を要望

区文化センター設置を要望 文化

連合町内会などが提出

9月17日号

テレビアニメ開始

『銭天堂』

テレビアニメ開始 文化

磯子区出身 廣嶋さん原作

9月17日号

19日から、大花壇公開

里山ガーデン

19日から、大花壇公開 文化

一方通行などで感染対策

9月17日号

災害対策を考える

災害対策を考える 社会

22日、ラジオ日本が特番

9月17日号

市が認証制度を新設

SDGs

市が認証制度を新設 社会

今秋にも本格始動

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月9日18:45更新

  • 9月3日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月17日号

お問い合わせ

外部リンク