金沢区・磯子区版 掲載号:2017年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

継続の力で風化防ぐ 愛と勇気とさんま実行委員会商店街

社会

南部市場から支援を続ける
南部市場から支援を続ける
 「まずは10年続けよう」――。被災地から購入したサンマを焼いて無料で配る”愛と勇気とさんま”の活動は、目標の折り返し地点まできた。「継続は力なり」と話すのは代表の柴岡義幸さん=写真右。「できることは、食べてもらって被災地を応援すること。忘れさせないことが今の使命」

 発災2週間後には宮城県にいた。南部市場の有志で募った物資を届けたのは、つながりのあった女川の漁港。漁を再開しても風評被害で魚が売れない現状を知った。「経済を回すために買い、風化させないために食べてもらう仕組みが必要」。名産を使ったサンマ焼きが始まった。

 活動は広がりを見せ、現在は市内を中心に年間100カ所以上をめぐる。焼いたサンマは昨年までで25万匹。一括してサンマを購入して保存する荷受け、運搬で協力する運送業者、運営を手伝うボランティア……つながりが活動を支える。「いい仲間がいるからね」。募金でサンマの仕入れはまかなうが、それでも「とんとん」。だが初期メンバー11人から「やめたい」の言葉を聞いたことはない。対面式のサンマ焼きは、訪れた人々と支援の思いを共有する良い機会にもなる。「東北出身者も『もらうだけは嫌』と来てくれる」

 一昨年から区の商店街連合会に加盟。次は市民に経験を語り継ぎ、地域課題解決のヒントになればと願う。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6件

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク