金沢区・磯子区版 掲載号:2017年3月23日号
  • googleplus
  • LINE

3月から定期開催となった「関内駅チカアート市」を主宰する 榊 剛史さん 磯子区中原在住 44歳

アートで町の魅力伝える

 ○…関内駅直結のマリナード地下街で、バッグやアクセサリー、マグカップなど作家作品の販売やアーティストのライブなどを行う「関内駅チカアート市」の企画・運営を手掛ける。2014年から不定期で開催していたが「最初は散々だった。人が来ず、辛いが9割」とも。それでも出展作家に「少しでも『参加してよかった』と思って欲しい」という一心で継続すると少しずつ客足が増えた。定期開催初日となった3月4日を終え、「続けられるかも」という手ごたえを感じる。

 ○…藤沢市の出身。以前はイベント会社に勤め、作家作品を商材として普及していく業務を行っていた。だが「もっと作家さんに寄り添いたい」と退職。その後、体調不良の知人に代わり約半年、元町にあるギャラリーを運営した。「家賃を払うだけで大変だったけど、あれが今の原体験」。2009年、作家作品をインターネットで紹介する「工房暖簾ギャラリー」を設立。沖縄から青森まで約40のセレクトアトリエの活動や作品を普及・販売する。

 ○…「イベントに協力してくれるアトリエ吉田町や地下街の運営会社、自分についてきてくれる作家さんにお返しがしたい」と周囲への感謝の気持ちを忘れない。一方で「妻は会社を辞めてこういう道に進むとは考えていなかったと思います」と苦笑い。中学2年と小学4年の娘たちは、展覧会を開けば、学校の課題の題材探しにやってくるという。家では子煩悩なパパ。最近は次女と二重跳びの練習をすることが多く、「次女は30回、自分は60回できるようになった」と笑う。

 ○…4月には横浜山手の西洋館で動物をモチーフとした約100作品を展示する。今後はマリナード地下街に留まらず、さまざまな場所でアート市を展開したいと考える。「市を通して多くの人に利用してもらえるような空間にできれば。『アートの町』としての吉田町の魅力も発信していきたい」とにこやかに話した。

庭木のお手入れ承ります見積無料

今なら「タウン見た」で10%OFF !(2万円以上のご依頼に限る)

https://www.919g.co.jp/

<PR>

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

佐藤 孝明さん

杉田地区スポーツ推進委員連絡協議会会長で杉田マラソンの大会実行委員長を務める

佐藤 孝明さん

2月22日号

吉成 和幸さん

50周年を迎えた高舟台自治会の会長を務める

吉成 和幸さん

2月15日号

武部 貴則さん

1月15日、現役最年少で横浜市立大学先端医科学研究センター担当教授に就任した

武部 貴則さん

2月8日号

小島 信博さん

磯子区太極拳協会会長として普及活動に力を入れる

小島 信博さん

2月1日号

小竹 一臣さん

お米マンプロジェクトの代表で子どもたちへの食育に力をいれる

小竹 一臣さん

1月25日号

芳垣 隆司さん

「新春百人一首大会」を主催した釜利谷地区青少年指導員協議会の地区長を務める

芳垣 隆司さん

1月18日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク