金沢区・磯子区版 掲載号:2017年4月6日号 エリアトップへ

能見台小 「小松菜パウダー」が誕生 ケーキに活用し、発信

教育

掲載号:2017年4月6日号

  • LINE
  • hatena

 能見台小学校の児童が考案した「小松菜パウダー」を使ったケーキとパウンドケーキが3月21日、金沢区能見台通のパティスリーサリュ(塚本好男オーナーパティシエ)で販売開始された。どちらもパウダー状にした小松菜を生地に練り込んだ。ショートケーキにはイチゴの代わりにトマトを使用し、青臭さを消すためにオレンジゼリーをサンドしている。4月上旬までの期間限定。

実験重ね考案

 小松菜パウダー誕生のきっかけとなったのが、当時の5年1組の児童が授業で始めた野菜の研究。「野菜を干すという加工法があると知り、『干し野菜ラボ』と名付けて研究を始めた」と担任の荒井真妃教諭は話す。天候や時間を変えて、カボチャやタマネギなど10種ほどの野菜を天日干しに。「糖度計やイソジンを使って実験し、甘さやビタミンCなどの栄養価がアップしていることが分かった」。昨年12月には商品化を目指し、干し野菜に適した品種を選ぶことに。手でにぎっただけでパリパリと細かくなるほど水分が飛ぶ小松菜が、最も衛生的という結果を導いた。さらに、パウダー状にすれば少量で豊富な栄養がとれ、料理の活用法も多いことに気付いたという。ケーキなどの生地に混ぜれば、野菜嫌いの児童も食べることができた。

 商品化には至らなかったものの、この成果を「外に広めたい」という児童の思いを実現したのが塚本さん。「自宅でも真似して作れると知ってもらえれば」と荒井教諭は話した。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

秋の叙勲・褒章に15人

秋の叙勲・褒章に15人 社会

金沢・磯子区民が受章

11月14日号

木と遊ぶ こどもり祭り

創立40周年を祝う

富岡東中

創立40周年を祝う 教育

新標準服を披露

11月14日号

加藤登紀子ほろ酔いコンサート

IR誘致、市が説明会

IR誘致、市が説明会 経済

11月22日まで参加受付

11月14日号

地域デビューを応援

磯子区

地域デビューを応援 社会

受講生を募集

11月14日号

小松亮太さんら出演

タウンニュース社主催

小松亮太さんら出演 文化

タンゴスペシャルコンサート

11月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク