金沢区・磯子区版 掲載号:2017年4月20日号
  • googleplus
  • LINE

人を幸せにする菓子を ジャルダン・シュクレ

社会

吉田三喜雄社長
吉田三喜雄社長
 菓子販売店「ガトー・ド・ボワイヤージュ」の横浜を代表する焼き菓子などを製造するジャルダン・シュクレ(金沢区福浦)。代表取締役社長の吉田三喜雄さん(67)さんは「地域に対し、貢献できることはないかと常に考えている」と話す。取り組みは様々。災害時に菓子を無料提供できるよう、6階に備蓄。1千人分を目標に、少しずつ増やしている段階だ。「お菓子は人を幸せにする。利益どうこうでなく、できることをしたい」。募金箱を設置しての介助犬育成への寄付や、沖縄の材料を使ったゼリーの売り上げの一部をサンゴ養殖事業に寄付するなど社会貢献活動に力を注ぐ。

 従業員への福利厚生も手厚い。今後は社内に自前の託児所を作りたいとも。「社員も子どもも私たちにとっては財産。辞めざるを得ない無念さをなくしたい」と話した。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6件

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク