金沢区・磯子区版 掲載号:2017年6月1日号 エリアトップへ

細やかな和紙人形に魅了 金沢区瀬戸在住・興津慶子さん

文化

掲載号:2017年6月1日号

  • LINE
  • hatena
奥の細道を題材にした作品
奥の細道を題材にした作品

 てのひらに収まるほどの人形に着せた十二単や下駄、すけがさ……家や船まで全て和紙でできている。手がけたのは金沢区瀬戸在住の興津慶子さん(84)。偶然立ち寄った銀座の展覧会で創作和紙人形に一目ぼれして以来、40年近くにわたり魅せられる。

 もともと手仕事が好きだった興津さん。「初めてみた時、あぁこれだと思った」とほほ笑む。細やかなきれいさに惹かれ、その日から10年以上都内の教室に通い詰めた。「何から何まで手作り」という人形。針金で体を作り綿を詰め、和紙で手足をつけ服を着せる繊細な作業が続く。「暇さえあれば作っていた。夜中になっていたことも」。1年ほど経ち、恩師から誘われたのが名誉ある「日本手工芸美術展」。「女の人を100人ぐらい作りたい」――。ぱっと思いついた想像が生んだのが、100人の女流歌人。あちこちの図書館で当時の衣装を調べる忠実ぶりで、艶やかな着物に身を包んだ人形に和歌を添えてずらりと並べた。その壮大な作品で名誉会長賞に輝いた。

 夫の転勤で岩手県に移ると、今度は教える側に。仲間と創作した奥の細道を題材にした作品は思い出の一つ。「休みになると、平泉に行こうどこに行こうって。資料を集め、想像してまとめるのも楽しかった」とにっこり。好きなことを通して集まり、時間を共有する楽しさにも魅せられてきた。

 顔のない人形から伝わるのが、その表情。「ぶっきらぼうに立たせたり座らせないで、話しているように動きを出している」。「見たことない」が褒め言葉だ。置き場がないほど作った人形も「嬉しくなって皆あげちゃう」と話す。「楽しんでいたらこんなに続いてしまった」と笑う。今後も気の合う仲間で作業は続く。
 

貝殻まで手作り
貝殻まで手作り

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

金沢区の産業団地で一斉清掃

【Web限定記事】

金沢区の産業団地で一斉清掃 社会

約170人参加し、360kgのごみ拾う

12月3日号

感染症差別防止をパネルで訴え

【Web限定記事】磯子区役所

感染症差別防止をパネルで訴え 社会

人権週間にあわせ

12月3日号

お伊勢山で紅葉狩り

お伊勢山で紅葉狩り 文化

12月25日、参加者募集

12月3日号

未来創造で成長を

未来創造で成長を 経済

株式会社グーン代表取締役会長兼社長 藤枝慎治さん(55)

12月3日号

成長支える活動を

区子連

成長支える活動を 文化

子ども会、ユースの会員募集

12月3日号

阪田さん演奏会

阪田さん演奏会 文化

150人の追加招待が決定

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク