金沢区・磯子区版 掲載号:2017年6月29日号 エリアトップへ

6月13日に実施された平成29年度神奈川県県民功労者表彰を受賞した 小山 收一さん 金沢区柴町在住 79歳

掲載号:2017年6月29日号

  • LINE
  • hatena

次代のためにも農地守る

 ○…「(表彰は)とても嬉しい。でも、たまたま理事長をやっていただけで、やっぱり皆のおかげだね」とにこやかに話す。元理事長を務めた「横浜市金沢区柴土地改良区」は、自然豊かな柴地区に観光農園や市民農園を設置し農業振興を図る目的で1991年に設立。前身となる発起人会から参加し、基盤整備に尽力してきた。現在、99%の整備が終わり、柴シーサイドファームの農産物直売所や収穫体験には、地元民ら多くの人が訪れるようになった。約30年前に描いた「観光農業」のビジョンは着実に現実に近づいている。

 ○…柴町で半農半漁を生業とする家に育った。とはいえ収入のほとんどは夏の底引き網漁と冬の海苔業。「農業は自分の家で食べる程度。冬場は農地に耕運機で海苔を運んで干していた」と振り返る。だが農地は時代が変わっても災害など”もしもの時”に絶対に役に立つ――。だからこそ、「地元がしっかり良さを認識して大事にしないと。一度、住宅開発されたら元には戻らないから」と力を込める。

 ○…両親を手伝ううちに、自然と継いだ家業。「(漁業も農業も)15歳からずっとやっているけど、飽きたことはない」と言い切る。積み重ねてきた経験や、本や新聞からの知識が結びつき、「色んなことが分かってくる」という。農業をやってきて一番恵まれているのは、消費者がすぐそばにいること。「一生懸命やれば、すぐ売れる。もったいないことはできない」

 ○…みかんを植え始めたのは「3代前のじいさんがやっていたから」。今では300本のみかんを育てている。「団体がくると小さい畑には入りきらない。最後にもうひとふんばりして、みかん畑を増やしていきたい」と前を向く。「高校3年の孫が最近、『農大に行きたい』と言い出した」と嬉しそう。「やはり同じ仕事だと、助け合ってできるからいいね」。次代のためにも「人生は働いてこそ。休んではいられないよ」

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

宝井 琴星さん

11月14日に金沢区の長浜ホールで講談「野口英世伝」を読む

宝井 琴星さん

港南区在住 72歳

10月22日号

尾城 杏奈さん

「ピティナ・ピアノコンペティション」の最難関ソロ部門・特級でグランプリを受賞した

尾城 杏奈さん

栄区在住 23歳

10月15日号

秋山 和義さん

公益社団法人大日本弓馬会・武田流の射手として活躍する

秋山 和義さん

磯子区丸山在住 48歳

10月8日号

林 善晴さん

横濱金澤シティガイド協会の理事長で7月から横浜ボランティアガイド協議会の会長を務める

林 善晴さん

金沢区寺前在住 72歳

10月1日号

今井 聖さん

句集「九月の明るい坂」を出版した

今井 聖さん

磯子区洋光台在住 69歳

9月24日号

廣嶋 玲子さん

テレビアニメ化される児童書『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』の著者

廣嶋 玲子さん

磯子区出身 39歳

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月9日18:45更新

  • 9月3日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク