金沢区・磯子区版 掲載号:2017年8月10日号
  • googleplus
  • LINE

金沢警察署 災害時ドローンを活用 セキドと協力協定

社会

ドローンを持つ木原署長(左)と大下代表
ドローンを持つ木原署長(左)と大下代表
 金沢警察署(木原信一郎署長)は、7月28日、無人航空機・ドローンの輸入販売を手がける(株)セキド(大下貴之代表取締役)と大規模災害発生時の協力協定を締結した。ドローンを使い、被害状況などを迅速に把握することが目的だ。

 セキドは、昨年4月に首都圏では初となるドローン専用フライト練習場「ドローンフィールド」を横浜市金沢産業振興センター(福浦)に開設。ドローンの知識や技術習得、操縦に関する講座を行うなどの活動を行っている。今回の協定は、こうした活動を知った金沢警察署が大規模災害時にドローンを有効に使えないか、と同社に呼びかけたことから実現した。

 協定内容は、大規模災害発生時、セキドの社員がドローンを操作し災害発生現場の動画や静止画を撮影。被害状況や要救助者の発見に協力する。締結式で木原署長は「金沢区は海、山があり津波やがけ崩れが危惧されている。ドローンの特性を生かし、救助を必要としている人の早期発見、孤立した地域の把握などに期待したい」とあいさつ。大下代表も「ドローンは我々が行けないところ、見えないところに飛ばすことができるのが強み」と説明。人が捜索できない夜間に赤外線カメラを搭載し、要救助者を探すことができるなどの特性を生かし、協力をしていきたいとしている。

県内で3例目

 ドローンに関しては、操作ミスによる墜落事故などが問題となる一方、先月九州北部を襲った豪雨では被害状況の確認に活用されるなど、企業や公官庁で導入が進んでいる。金沢警察署によると、ドローンを扱う企業と警察署との締結は、県内では瀬谷区、川崎市麻生区に次いで3例目。セキドは、東京都国立市とも同様の協力協定を今年3月に結んでいる。

 金沢警察署では今後、セキドや金沢消防署などを交えた訓練を行い、効果的な利用方法を検討していく方針だ。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

磯子区2校から部活大賞

金沢消防署・水野さん準Ⅴ

ベンチプレス全日本選手権

金沢消防署・水野さん準Ⅴ

2月15日号

「住み続けたい」「愛着」7割超

磯子区民意識調査

「住み続けたい」「愛着」7割超

2月8日号

富岡・能見台で見守り試験

京急電鉄富士通

富岡・能見台で見守り試験

2月8日号

「根岸に新たなにぎわいを」

若者支援団体K2グループ

「根岸に新たなにぎわいを」

2月1日号

金沢高・谷澤選手が快走

都道府県対抗駅伝

金沢高・谷澤選手が快走

2月1日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク