金沢区・磯子区版 掲載号:2017年10月26日号 エリアトップへ

関東学院大学硬式野球部の監督で神奈川大学野球連盟秋季リーグを制した 鈴木 聡さん 金沢区釜利谷西在住 46歳

掲載号:2017年10月26日号

  • LINE
  • hatena

へこたれない心で

 ○…2012年春以来、11季ぶりの栄冠を手にした。「こみ上げてくるものがあった」と歓喜の瞬間を振り返る。リーグ戦に向けて取り組んだのは徹底したメンタルの強化。選手には練習中も常に全力疾走を続け、一球、ワンプレーに集中する精神面を伝えた。「主将を中心に毎日元気を与えてくれた」と選手に感謝し、「みんなが笑顔で喜んでいるところを見られたのが一番嬉しい」と優しく笑う。

 ○…大阪で生まれ、小学生で金沢区へ。釜利谷西小(当時)4年生の頃に地元の少年野球チーム「金沢ファイターズ」に入り、投手として活躍した。「バットとボールを持って遊ぶのが楽しかった。友人関係を学んだ」という。高校から外野手に転向。関東学院大4年の時には、大学野球日本一を決める全日本選手権で同校史上最高成績の準優勝に輝いた。「試合に出られる喜び、出られない悔しさも知っている」と語り、指導者になった現在はレギュラー、控えの部員が一丸となったチーム作りを心掛ける。

 ○…17年間コーチを務め、監督就任7年目。100人超の選手を支えるコーチ、トレーナーなど、スタッフ陣を信頼して「前に出過ぎず、視野を広げること」を意識する。日頃の練習では、現役時代に指導を受けた前監督の教えでもある「当たり前のことを当たり前にやる野球」を徹底。声を出し合うチームワークや全力疾走を続けることなど、野球に取り組む真摯な姿勢を伝えている。「勝負に負けても、もう一度立ち上がる『へこたれない野球』で挑戦を続けることが成長につながる」と信念を語る。

 ○…妻と高校生の息子2人と金沢区で暮らす。大学職員として学生の課外活動なども指導。幼い頃から生活の中心となる野球は「仕事と感じない」と微笑み、「選手と泣いたり笑ったりできることを幸せに思う。野球だけでなく、社会人としても立派に、前向きな人に育てたい」。へこたれない心で全力疾走を続ける。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

宝井 琴星さん

11月14日に金沢区の長浜ホールで講談「野口英世伝」を読む

宝井 琴星さん

港南区在住 72歳

10月22日号

尾城 杏奈さん

「ピティナ・ピアノコンペティション」の最難関ソロ部門・特級でグランプリを受賞した

尾城 杏奈さん

栄区在住 23歳

10月15日号

秋山 和義さん

公益社団法人大日本弓馬会・武田流の射手として活躍する

秋山 和義さん

磯子区丸山在住 48歳

10月8日号

林 善晴さん

横濱金澤シティガイド協会の理事長で7月から横浜ボランティアガイド協議会の会長を務める

林 善晴さん

金沢区寺前在住 72歳

10月1日号

今井 聖さん

句集「九月の明るい坂」を出版した

今井 聖さん

磯子区洋光台在住 69歳

9月24日号

廣嶋 玲子さん

テレビアニメ化される児童書『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』の著者

廣嶋 玲子さん

磯子区出身 39歳

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月9日18:45更新

  • 9月3日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク