金沢区・磯子区版 掲載号:2017年11月2日号 エリアトップへ

横浜南部市場大感謝祭実行委員会の委員長を務める 戸塚 泰輔さん 金沢区鳥浜町在勤 45歳

掲載号:2017年11月2日号

  • LINE
  • hatena

変化を改革のチャンスに

 ○…横浜南部市場の一大イベント「大感謝祭」の実行委員長を務めるのは今回で3回目。「せっかく足を運んできた人に喜んでほしい」との思いは人一倍だ。「市場を活性化させたい」という願いはみな同じ。「みんなのお祭りだから、自分は飾りでいい」と言いつつ、「裏では努力しないと」と大変さを少しも感じさせない笑顔を見せる。

 ○…市場で青果の卸売業を営む母親の姿を見て育った。長年「八百屋はやらない」と思っていたが、女社長として苦労する母親を見て心が動いた。「女手一つで育ててくれた母を、引退させて楽にさせたかった」。17年前、会社員を辞め、母親の会社へ。当時は卸業優先で、市場内の店舗には値札も、カゴもなかった。「こうじゃないだろって」。スーパーを回り並べ方や売り方を研究。古参の従業員の反発もあったが、POPを立て、買い物かご導入などをすすめた。「まっすぐやっていると味方になってくれる。人の支えはお金を積んだって得られない」

 ○…「ここの野菜は1週間もつから」。客からの賛辞は、嬉しくもあり、プレッシャーでもある。商売で大切なのは「お客さんを裏切らない」ことだとも。「信用を得るのは時間がかかるけど、失うのはあっという間よ」。社長となった今、各従業員に仕入れや販売を全面的にまかせる。「自分で仕入れて売ると責任を持つし、商品に愛着も生まれる。今やウチの従業員はオレより熱いよ」と目を細める。

 ○…横浜南部青果商業協同組合の理事長として、町の青果業の未来を憂う。「例えば焼き芋にするとかジャガイモを洗うとか。スーパーがやってないことをやらないと」と仲間にエールを送る。2019年には南部市場に「にぎわいエリア」が新設され、生まれ変わる。大手業者の参入も、経営やサービスを改革するチャンスととらえる。「色んな声があるが、間違いなく来る人は増える。専門職の強みを出したい」

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

曽屋 剛和さん

曽屋動物病院の院長で「いそねこ協議会」の会長を務める

曽屋 剛和さん

磯子区杉田在住 57歳

11月14日号

門馬 勇一さん

富岡みどり会商店街の会長を務める

門馬 勇一さん

金沢区富岡西在住 70歳

11月7日号

田沼 広之さん

ラグビーワールドカップ2019のアンバサダーを務めるラグビー元日本代表の

田沼 広之さん

金沢区大川在住 46歳

10月31日号

田草川 竜都さん

RUN伴+三浦半島金沢区学生実行委員会の委員長を務める

田草川 竜都さん

金沢区在住 20歳

10月24日号

林原 泉さん

「もう一つの横浜 金沢八景史」を著した

林原 泉さん

金沢区柴町在住 86歳

10月17日号

奥脇 竜哉さん

ムエタイのラジャダムナンスタジアム認定王者となった

奥脇 竜哉さん

金沢区富岡東在住 19歳

10月10日号

北村 正(まさし)さん

9月5日付で金沢警察署の署長に就任した

北村 正(まさし)さん

金沢区在住 57歳

10月3日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク