金沢区・磯子区版 掲載号:2017年11月9日号
  • googleplus
  • LINE

金沢総合高吹奏楽部 富岡空襲の曲、地元で 11月23日、地区センで初披露

文化

本番に向け練習する吹奏楽部
本番に向け練習する吹奏楽部
 神奈川県立金沢総合高校(金沢区富岡東)の吹奏楽部は2年前の戦後70年の節目に「横浜・富岡空襲の記憶から未来へ」と題した楽曲を完成させた。これまで地元で発表する機会がなかったが11月23日(祝)、富岡並木地区センターで初めて演奏される。

 太平洋戦争末期の1945年6月10日、周辺の軍需施設が標的となり富岡地区は空襲を受けた。今の京急富岡駅周辺にも爆弾が落ち、多くの人が命を落としたという。

 この事実を多くの人に知ってもらうと、金沢総合高校吹奏楽部は、戦後70年の2015年、富岡空襲をテーマにした曲を制作した。顧問の山崎栄一教諭と当時の部員は作曲にあたり、当時のことを知る慶珊寺(けいさんじ)(富岡東)の佐伯隆定前住職に話を聞くなどし、イメージを膨らませた。山崎教諭は「活字で見るのとは違い、実際に体験された方の話は大変重く、心に伝わってくるものがあった」と話す。その後、生徒の中に浮かんだメロディや印象を取り入れ、修正を重ねて、曲を完成させた。

イメージのせ演奏を

 23日の演奏会に向け、同吹奏楽部は11月1日に練習をスタートさせた。この曲を初めて演奏する部員に向け、山崎教諭は構成やメロディを佐伯前住職の話を交えながら説明。若い女性の遺体を母親が慶珊寺に引き取りにきた話をすると、「今、話しても涙が出てくる」と声をつまらせた。1場面ごとに解説と演奏を繰り返し曲の全体像を示し、「ただ事実を伝えるのではなく、音という響きにイメージをのせて伝えて」と指導した。部長の平澤初衣(うい)さん(2年)は「曲から感じ取れることを一人一人表現して”届けられる演奏”をしたい」と話した。

空襲の記憶 次世代へ

 地元での演奏会は11月23日(祝)午前10時から11時15分まで、富岡並木地区センター講堂で(富岡東4の13の2)。富岡空襲の曲以外に2曲、演奏する。また富岡東部町内会の元会長・岡本茂男さんの講演なども行われる。参加無料。

 主催する富岡第二地区連合町内会と同地区社会福祉協議会の大胡隆文会長は「今の平和な暮らしがあるのは、戦争の犠牲になった多くの命があるからこそ。富岡空襲の曲を聞き、この記憶を次世代に引き継いでいければ」と話した。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

磯子区2校から部活大賞

金沢消防署・水野さん準Ⅴ

ベンチプレス全日本選手権

金沢消防署・水野さん準Ⅴ

2月15日号

「住み続けたい」「愛着」7割超

磯子区民意識調査

「住み続けたい」「愛着」7割超

2月8日号

富岡・能見台で見守り試験

京急電鉄富士通

富岡・能見台で見守り試験

2月8日号

「根岸に新たなにぎわいを」

若者支援団体K2グループ

「根岸に新たなにぎわいを」

2月1日号

金沢高・谷澤選手が快走

都道府県対抗駅伝

金沢高・谷澤選手が快走

2月1日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク