金沢区・磯子区版 掲載号:2017年11月30日号 エリアトップへ

12月9日の磯子音楽祭に声楽のソリストとして出演する 辛島 安妃子さん 磯子区磯子在住 44歳

掲載号:2017年11月30日号

  • LINE
  • hatena

ふるさとに歌で”歓喜”を

 ○…生まれ育った磯子区の90周年を祝う音楽祭に出演することに「本当にうれしい」と笑顔を見せる。自身はソリストを務め、金沢区民フィルハーモニーオーケストラ、スペシャル合唱団とベートーベン交響曲第9番第4楽章「歓喜の歌」を演奏する。合唱団の中には、生徒も。一緒にステージに立てることを楽しみにしている。「喜びを来場者に伝えられるようなステージにしたい」

 〇…両親がピアニストという音楽一家に育つ。スポーツが好きで高校までバスケットボール部に所属。一方で歌うことも好きでバンドも組んだ。「(当時人気だった)プリプリを歌っていました」。大学は文学部に進み、卒業後は会社員に。趣味で声楽のレッスンを受けてはいたが音楽の道は頭になかった。だが、声楽家として活躍する姉の姿を見て「私も一から音楽を学びたい」と一念発起。会社を退職し26歳で音大に入った。「年を取ってから後悔したくなかった」。4年間夢中で学んだ。

 ○…ソプラノ歌手としてステージに立ち、オペラ、ミュージカルにも出演する。長浜ホールでのコンサートには年1回出演。昨年は並木第一小学校の児童にオペラを披露した。「クラシックやオペラは敷居が高いと思われがち。子どもたちに少しでも興味を持ってもらえたらうれしい」。関東学院大では非常勤講師として幼稚園や小学校の教諭を目指す学生に音楽の基礎を教える。「休みの日も頭から離れない」と音楽中心の生活を送る。

 ○…2005年のオープニングコンサートに父親と出演して以来、杉田劇場がホームグラウンドだ。オペラデビューしたのもこの劇場。今年1月には「オペラ浦島太郎」で主役を務めた。「ふるさとのような場所。杉田劇場はやはり特別ですね」。山王台小学校の同級生など多くの友人も訪れる音楽祭では「気持ちを込めて歌いたい」。来場者と歓喜をともにする。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

曽屋 剛和さん

曽屋動物病院の院長で「いそねこ協議会」の会長を務める

曽屋 剛和さん

磯子区杉田在住 57歳

11月14日号

門馬 勇一さん

富岡みどり会商店街の会長を務める

門馬 勇一さん

金沢区富岡西在住 70歳

11月7日号

田沼 広之さん

ラグビーワールドカップ2019のアンバサダーを務めるラグビー元日本代表の

田沼 広之さん

金沢区大川在住 46歳

10月31日号

田草川 竜都さん

RUN伴+三浦半島金沢区学生実行委員会の委員長を務める

田草川 竜都さん

金沢区在住 20歳

10月24日号

林原 泉さん

「もう一つの横浜 金沢八景史」を著した

林原 泉さん

金沢区柴町在住 86歳

10月17日号

奥脇 竜哉さん

ムエタイのラジャダムナンスタジアム認定王者となった

奥脇 竜哉さん

金沢区富岡東在住 19歳

10月10日号

北村 正(まさし)さん

9月5日付で金沢警察署の署長に就任した

北村 正(まさし)さん

金沢区在住 57歳

10月3日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク