金沢区・磯子区版 掲載号:2017年11月30日号 エリアトップへ

金沢高同窓会 「音楽で被災児童に勇気を」 ”妖怪バンド”小学校で演奏

社会

掲載号:2017年11月30日号

  • LINE
  • hatena
児童を前に歌う妖怪プロジェクト(紫朋会提供)
児童を前に歌う妖怪プロジェクト(紫朋会提供)

 金沢高校=金沢区瀬戸=の同窓会「紫朋会」が東日本大震災の被災地を支援しようと、11月21日に仙台市の福室小学校を、22日に同市沖野小学校を訪問し、義援金を届けた。また、同校OBらが所属するロックバンド「妖怪プロジェクト」が演奏会を行った。

同期校長を支援

 支援活動は2012年から行っている。福室小の南條智重校長は金沢高の第26期卒業生で、震災があった11年は沖野小で教頭だった。被災地にいる人々の苦労を南條さんに聞いた金沢高の同期生から支援の声が強まり、同窓会全体の活動に発展。南條さんが福室小に転任した16年から両校を訪問している。

 「妖怪プロジェクト」はボーカルの「ザ・かっぱ」、「雪おんな」、ギターボーカル「天狗」の3人で活動。1999年に結成されたプロバンドで磯子区森に活動拠点がある。紫朋会から6年前に慰問公演の依頼を受け「少しでも被災地の力になれたら」と協力。ボランティアで演奏会を続けている。

 今回はオリジナル曲やアレンジした校歌など10曲を披露。児童に音楽で勇気を届けた。南條校長は「子どもたちが楽しみに待っていた。今年も笑顔を見ることができた」と継続する活動に感謝した。両校では義援金で書棚やテント、児童用のパズルなどを購入し、学習に役立てているという。

 紫朋会の佐藤邦彦事務局長は「仮設住宅から通っていたり、親戚が亡くなった児童がいると聞いた。(復興は)まだ道半ば」と話す。高梨修会長代行は「我々の活動が(復興支援の)ヒントになってくれたら」と話し、さまざまな形で支援の輪が広がることを願う。

 紫朋会の会員は約2万人。部活動で活躍する在校生の遠征費や学校で使用する図書購入費の補助、文化祭でのブース出店なども行い、学校を支えている。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

金沢区から「自家焙煎珈琲工房ちろりや」が高島屋に出店

【Web限定記事】

金沢区から「自家焙煎珈琲工房ちろりや」が高島屋に出店 経済

横浜市内商店街の10店舗が期間限定で

9月23日号

2日間の期日前投票者数は1324人

【Web限定記事】横浜市議会議員補欠選挙(磯子区)

2日間の期日前投票者数は1324人 政治

9月23日号

配達一時休止も再開

磯子郵便局

配達一時休止も再開 社会

9月23日号

「海まちさんぽ」リニューアル

シーサイドライン沿線情報を発信

「海まちさんぽ」リニューアル

9月23日号

自宅療養者に支援物資

自宅療養者に支援物資 社会

松本食品が無料配送

9月23日号

秋風に揺れる華麗なバラ

【web限定記事】

秋風に揺れる華麗なバラ 文化

ヴェルニー公園で開花

9月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月26日0:00更新

  • 8月12日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook