金沢区・磯子区版 掲載号:2017年12月7日号
  • googleplus
  • LINE

片吹在住堀切さん かなしん自費出版大賞に 28編の珠玉エッセイ

文化

受賞した堀切さん
受賞した堀切さん
 第7回かなしん自費出版大賞(主催/神奈川新聞社)の表彰式が11月12日に行われ、金沢区片吹在住の堀切綾子さん(76)の「もねかの木 堀切綾子エッセイ集」=写真右=が大賞を受賞した。また、同著は第7回ふるさと自費出版大賞(主催/全国新聞社出版協議会)でも優秀賞に輝いた。

 「かなしん自費出版大賞」は、地域文化の振興と自費出版の推進を目的に、2005年から2年に一度、行われている。今回は15年4月から17年3月までに神奈川新聞社で制作・出版された書籍40点が対象。

 堀切さんは「(大賞は)書きたいものを書きたいように書いただけなので、びっくり」と受賞の喜びをひかえめに話す。15年に出版された同著には、家族や故郷、幼少の思い出などを、瑞々しい感性で表現したエッセイ28編が収録されている。自費出版ながら社内審査を通り、全国の書店で流通・販売。「本当にいろいろな方が読んでくれた」。各地から届く読者の手紙で、その広がりを実感する。現在、本の購入は同新聞社(【電話】045・227・0850)で受け付けている。

子どもに伝えたい

 「私は母の人生について何も知らない」。堀切さんの母親は自身の人生を娘に伝える間もなく、38才の若さで急死した。「自分ももしかしたら…って。何かで記録を残して、子どもたちに伝えたいと思っていた」と本にまとめた動機を話す。楽しく生きたことが伝われば、自分が死んでも悲しくないはず――そんな思いで、言葉を紡ぐ。「でも子どもたち、読まないんですよ」と苦笑い。

 堀切さんを担当する同新聞社出版メディア部の高木佳奈さんとは約10年のつきあい。堀切さんが、俳句の本を出したいと相談したのがきっかけだった。高木さんは「俳句の素人の私が見ても、素晴らしい才能だなと思った」と出会いを振り返る。09年に日本随筆家協会賞の大賞、13年に毎日新聞俳句大賞を受賞し、頭角を現す。「自分が書いたもので誰かが元気になってくれれば」と今後の活動にも意欲を見せる。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

磯子区2校から部活大賞

金沢消防署・水野さん準Ⅴ

ベンチプレス全日本選手権

金沢消防署・水野さん準Ⅴ

2月15日号

「住み続けたい」「愛着」7割超

磯子区民意識調査

「住み続けたい」「愛着」7割超

2月8日号

富岡・能見台で見守り試験

京急電鉄富士通

富岡・能見台で見守り試験

2月8日号

「根岸に新たなにぎわいを」

若者支援団体K2グループ

「根岸に新たなにぎわいを」

2月1日号

金沢高・谷澤選手が快走

都道府県対抗駅伝

金沢高・谷澤選手が快走

2月1日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク