金沢区・磯子区版 掲載号:2018年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

金沢区西柴さくらカフェ 住民主体で介護予防 毎週木曜に「げんきライフ」

社会

体操や朗読などで介護予防
体操や朗読などで介護予防
 昨年10月から金沢区西柴にあるNPO法人さくら茶屋にししばが週1回、運営するさくらカフェで介護予防プログラムを実施している。住民ボランティアが主体となり、地域での介護予防や生活支援の充実・強化を目指す。

 「西柴地域は、徒歩圏内に地域ケアプラザがなく、地域で介護予防に取り組みたいと以前から思っていた」と話すのはさくら茶屋の岡本溢子理事長。昨年春に横浜市の「介護予防・生活支援サービス補助事業」を知り、地域ボランティアでもできる介護事業ということで、手を挙げたという。

 さくら茶屋はこのプログラムを「げんきライフ」と命名。主な対象は要支援1、2の認定を受ける人だが、健康維持を望む高齢者にも参加してほしいという願いを込めた。毎週木曜日の午前10時から午後1時まで、さくらカフェで開催している。内容は、十数人という少人数で、体操や朗読、ゲームなど毎回スタッフが考えたプログラムを楽しむ。さくら茶屋の昼食を楽しみに通う人も少なくないという。岡本理事長は「参加者が主人公になれるような居場所になれば」と話す。

経験生かした内容

 2009年にオープンしたさくら茶屋は、これまで健康体操教室や認知症カフェ、折り紙教室など介護予防につながる様々な取り組みを展開してきた。岡本理事長は「今までの経験が生きた」と話す。げんきライフの代表は、福祉関係の仕事をしていた炭竃美枝さんが務める。「私はボランティアとしてはまだまだ。地域の中でずっとやってきたスタッフがいるからできたこと」と話す。参加者からは「全部楽しい。家にいても刺激がないので、ぜひ続けたい」「食事がとても美味しい。外にあまり出ないので気がまぎれる」などの感想が聞かれた。近隣で通える手軽さも受け、参加者は徐々に増えているという。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

事務負担 軽減化進む

市教職員

事務負担 軽減化進む

1月11日号

「LINKAI横浜金沢」に改称

臨海部産業団地

「LINKAI横浜金沢」に改称

1月11日号

「横浜らしさ」を重視

新市庁舎商業施設

「横浜らしさ」を重視

1月4日号

3536人が門出

金沢区・磯子区新成人

3536人が門出

1月4日号

国際競争力強化を加速

路線バスが本格運行

釜利谷地区

路線バスが本格運行

12月21日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

がん医療への知識深める

がん医療への知識深める

市大主催 22日に講演会

1月22日~1月22日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 物語でめぐるわが街

    著・中野孝次 文藝春秋

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『ハラスのいた日々』〈増補版〉

    1月11日号

  • 角田武夫が描いた金澤八景

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第19回

    角田武夫が描いた金澤八景

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    1月11日号

  • 赤い実にほくろが2つ

    金子さんの草花の不思議発見第7回 センリョウ

    赤い実にほくろが2つ

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    1月4日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月11日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク