金沢区・磯子区版 掲載号:2018年1月4日号
  • googleplus
  • LINE

富岡東”師弟コンビ”で準Ⅴ 高校生ボクシング全国大会

スポーツ

前田さん(右)と古澤監督
前田さん(右)と古澤監督
 金沢区富岡東在住で、市立横浜総合高校(南区)ボクシング部2年の前田ルナさんが昨年12月、鳥取県で行われた「全日本女子ボクシング選手権大会」ジュニアのライトウェルター級(64kg以下)で準優勝を果たした。

 大会はアマチュアボクシングの高校生日本一を決めるもの。前田さんは同じ富岡東在住の古澤和敏監督=人物風土記で紹介=の指導を受ける。同大会には前年に続き、2年連続での挑戦となった。

 三重県の選手と対戦した初戦。持ち味であるフィジカルの強さで前進し、ワンツーからの連打でペースを渡さず、レフェリー・ストップ勝ちを呼び込んだ。

 決勝は青森県の選手に僅差の判定で敗れたが、初戦負けを喫した前年の悔しさを晴らした。前田さんは「自分から攻めることができた。応援してくれた人に感謝の気持ちしかなかった」と勝利の瞬間を振り返った。

”ボコボコ”で奮起

 前田さんは八景小、金沢中出身。キックボクシングをしている父親の友人を見て、リングで勇敢に戦う選手に憧れを抱いた。

 中学2年で世界王者を複数輩出する名門・大橋ボクシングジム(神奈川区)に入門。初めての実戦練習は「同じ女子選手にボコボコにされた。もっと強くなりたいと思った」という。トレーナーの勧めもあり、ボクシング部がある同校へ。部活動のほか、現在も同ジムで練習し、技術を磨く。

 古澤監督はアマチュアボクシング元全日本王者。市立高校の教員として複数の全国出場選手を育てた名将で、今大会も前田さんを含む、計3選手を準優勝へと導いた。「必死に戦っていた。右ストレートに良いものを持っている」と前田さんを評価する。前田さんは「全ての大会で金メダルを獲りたい」と今後の目標を話した。富岡東の”師弟コンビ”で高校女子ボクシングのリングを熱くする。

横浜市磯子区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

http://www.daviusliving.jp/

<PR>

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6件

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

前田憲男さんが出演

杉田劇場

前田憲男さんが出演

8月8日 復興支援コンサート

8月8日~8月8日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • アスファルトも突き破る力

    金子さんの草花の不思議発見第16回 イタドリ

    アスファルトも突き破る力

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    7月12日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク