金沢区・磯子区版 掲載号:2018年2月22日号 エリアトップへ

(PR)

島倉社長の きもの放浪記【5】 伝統の着物を受け継ぐ 「売りたい」よりも「お伝えしたい」――そんな思いから金沢文庫のきもの処「志まくら」が、きものに関するよもやま話をシリーズでお伝えします

掲載号:2018年2月22日号

  • LINE
  • hatena

 昭和30年、初の重要無形文化財認定が行われ、19人が人間国宝となりましたが、このうち着物関係の職人は9人でした。当時から国も守らないと伝統の着物がすたれてしまうという危機感があったのでしょう。

 この時、認定された小宮康助さんは江戸小紋の職人さんです。江戸小紋とは、15cm〜25cmほどの和紙の型地紙で染められる一色染めのこと。小宮さんは問屋にも呉服店にも自身の作品を卸さず、自分で売っている方です。

 なぜ、問屋に卸さなかったのか。後に息子さんと話して私が感じた理由は、「量産」に対する恐れです。問屋から注文されれば、まとまった着物を納期に収めないといけない。間に合わすために、量産できる安易な技術に手を出してしまうのではないか――。そんな恐れから、かたくなに自身の流儀を守ったのでしょう。

 現在、伝統の手仕事で作られる着物は、大量生産できる安い着物に駆逐されつつあり、真面目に仕事に取り組んでいる染人・織人さんほど、不況に苦しんでいます。きょう22日からの展示では、小宮さんの江戸小紋に加え、経錦など伝統の着物を多く取り揃えております。「伝統の着物を守りたい」―そんな気持ちが少しでも伝わればと思います。赤字覚悟でご提供いたしますので、ご来店ください。

志まくら

横浜市金沢区泥亀1の17の8

TEL:045-784-8179

金沢区・磯子区版のピックアップ(PR)最新6

片付け不要で即金買取り

ウスイホーム

片付け不要で即金買取り

特に築後20年以上経過の物件

1月23日号

中医学で健康な毎日を

中医学で健康な毎日を

インフルも花粉も 粘膜バリアで防ぐ

1月23日号

賑わい続々…変わりゆく金沢区の価値

不動産の資産活用術49

賑わい続々…変わりゆく金沢区の価値

1月23日号

大掃除で出た物 そのままでは?

古美術店「青宝堂」

大掃除で出た物 そのままでは?

捨てる前に無料相談を

1月23日号

「パン・ド・セーグル」販売開始

「パン・ド・セーグル」販売開始

食パン・フランスパンも人気

1月16日号

「市民後見人」を知る

「市民後見人」を知る

養成課程の説明会

1月16日号

出羽海部屋力士と交流

出羽海部屋力士と交流

2月1日 参加者募集

1月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

おやじバンドの競演

おやじバンドの競演

2月8日、金沢公会堂で

2月8日~2月8日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク