金沢区・磯子区版 掲載号:2018年3月1日号 エリアトップへ

法人設立1周年を迎えた里海イニシアティブの代表理事を務める 小笠原 伸一さん 金沢区鳥浜町勤務 68歳

掲載号:2018年3月1日号

  • LINE
  • hatena

”人ターネット”支えに

 ○…「誰もやったことのないことをしてみたい」。海藻類の二酸化炭素吸収に着目し、金沢漁港の協力を得て八景島沖でのコンブ養殖に取組む「里海イニシアティブ」の代表理事を務める。料理店と連携しコンブの新商品を試作したり、生コンブを試験販売したりと、様々なアプローチで活動を広げる。「このプロジェクトはとんとん拍子に行くことが多い。なぜか助けてくれる人が現れるんです」と屈託なく笑う。

 ○…小さな頃から東京大学を目指して一浪し、満を持して臨んだ入試は東大闘争で中止に。泣く泣く早稲田大へ進学した。学生時代は授業そっちのけでヨーロッパをわたり歩いた。「ヒッピーでした」。1日10ドルで過ごした放浪で、「日本もいいじゃないかと思うようになった」と振り返る。「竜馬がゆく」を読んで、京都から萩までどれくらいかかるか歩いてみたことも。野犬に襲われながらも、屋根のあるバス停や神社のお社に泊まり、好奇心の赴くまま見聞を広めた。

 ○…金沢区との縁は2002年、福浦にあった三菱重工横浜工場に赴任してから。環境部門に携わり地域営業を進める中、「臨海部を元気にしたいという思いが生まれた」という。現役時代は「その日のうちに帰ったことがない」というほどの激務。だからこそ、「土日だけは仕事をせず、家族と過ごす」というルールを自身に課した。今でも土日は妻と一緒に出かけたり、買い物したり。「コンブのイベントは土日が多いので、ヒンシュクを買いながら休んでいます」と笑う。

 ○…商売として未だ成り立っていないが「いつか花が咲くだろう」と明るい。「活動の第2章はコンブをエサにしたアワビの陸上養殖。それを中華街や市内料理店に提供できるサイクルを目指したい」。武器はこれまで培ってきた人脈だ。「IT時代だけど、私は”人(じん)ターネット”しかないから」。人とのつながりで、金沢の海を豊かにしていく。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

山口 武夫さん

金沢区美術協会の会長を務める

山口 武夫さん

金沢区富岡西在住 83歳

5月26日号

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月19日号

橋本 昌幸さん

4月から横浜市三殿台考古館の館長を務める

橋本 昌幸さん

磯子区岡村在勤 61歳

5月12日号

カテリーナさん

【Web限定記事】横浜を拠点にウクライナの民族楽器「バンドゥーラ」の演奏活動を行う

カテリーナさん

横浜市在住 

5月5日号

相馬 淳子さん

ラオスの織物や文化を伝える「PaTu」(パトゥ)の代表を務める

相馬 淳子さん

金沢区柴町在住 53歳

4月28日号

川井 康裕さん

久良岐能舞台の館長を務め、さまざまな企画を展開する

川井 康裕さん

磯子区岡村在勤 68歳

4月21日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 3月10日0:00更新

  • 10月26日17:54更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

広場で食と音のフェス

広場で食と音のフェス

5月29日 洋光台北団地

5月29日~5月29日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook