金沢区・磯子区版 掲載号:2018年3月1日号 エリアトップへ

法人設立1周年を迎えた里海イニシアティブの代表理事を務める 小笠原 伸一さん 金沢区鳥浜町勤務 68歳

掲載号:2018年3月1日号

  • LINE
  • hatena

”人ターネット”支えに

 ○…「誰もやったことのないことをしてみたい」。海藻類の二酸化炭素吸収に着目し、金沢漁港の協力を得て八景島沖でのコンブ養殖に取組む「里海イニシアティブ」の代表理事を務める。料理店と連携しコンブの新商品を試作したり、生コンブを試験販売したりと、様々なアプローチで活動を広げる。「このプロジェクトはとんとん拍子に行くことが多い。なぜか助けてくれる人が現れるんです」と屈託なく笑う。

 ○…小さな頃から東京大学を目指して一浪し、満を持して臨んだ入試は東大闘争で中止に。泣く泣く早稲田大へ進学した。学生時代は授業そっちのけでヨーロッパをわたり歩いた。「ヒッピーでした」。1日10ドルで過ごした放浪で、「日本もいいじゃないかと思うようになった」と振り返る。「竜馬がゆく」を読んで、京都から萩までどれくらいかかるか歩いてみたことも。野犬に襲われながらも、屋根のあるバス停や神社のお社に泊まり、好奇心の赴くまま見聞を広めた。

 ○…金沢区との縁は2002年、福浦にあった三菱重工横浜工場に赴任してから。環境部門に携わり地域営業を進める中、「臨海部を元気にしたいという思いが生まれた」という。現役時代は「その日のうちに帰ったことがない」というほどの激務。だからこそ、「土日だけは仕事をせず、家族と過ごす」というルールを自身に課した。今でも土日は妻と一緒に出かけたり、買い物したり。「コンブのイベントは土日が多いので、ヒンシュクを買いながら休んでいます」と笑う。

 ○…商売として未だ成り立っていないが「いつか花が咲くだろう」と明るい。「活動の第2章はコンブをエサにしたアワビの陸上養殖。それを中華街や市内料理店に提供できるサイクルを目指したい」。武器はこれまで培ってきた人脈だ。「IT時代だけど、私は”人(じん)ターネット”しかないから」。人とのつながりで、金沢の海を豊かにしていく。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

曽屋 剛和さん

曽屋動物病院の院長で「いそねこ協議会」の会長を務める

曽屋 剛和さん

磯子区杉田在住 57歳

11月14日号

門馬 勇一さん

富岡みどり会商店街の会長を務める

門馬 勇一さん

金沢区富岡西在住 70歳

11月7日号

田沼 広之さん

ラグビーワールドカップ2019のアンバサダーを務めるラグビー元日本代表の

田沼 広之さん

金沢区大川在住 46歳

10月31日号

田草川 竜都さん

RUN伴+三浦半島金沢区学生実行委員会の委員長を務める

田草川 竜都さん

金沢区在住 20歳

10月24日号

林原 泉さん

「もう一つの横浜 金沢八景史」を著した

林原 泉さん

金沢区柴町在住 86歳

10月17日号

奥脇 竜哉さん

ムエタイのラジャダムナンスタジアム認定王者となった

奥脇 竜哉さん

金沢区富岡東在住 19歳

10月10日号

北村 正(まさし)さん

9月5日付で金沢警察署の署長に就任した

北村 正(まさし)さん

金沢区在住 57歳

10月3日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク