金沢区・磯子区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

金沢区災害ボランティアネットワークの代表として区民の防災意識向上を図る 深浦 茂晃さん 金沢区能見台在住 54歳

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena

アフター5はボランティア

 ○…3・11から7年が経ち「あの日のことは忘れてはいけない」との思いを強く持つ。発災時にセンターを立ち上げ、地域のニーズとボランティアの担い手をマッチングさせる金沢区災害ボランティアネットワークの代表に昨年5月就任。横浜防災ライセンス・金沢の副会長やアマチュア無線の副支部長も務める。各地域の防災訓練に参加し「日頃から顔の見える関係を築くことが大事」と話す。

 〇…熊本県出身。日立製作所への就職を機に横浜に。能見台には20年前に移り住んだ。10年前に町内会長を務めたことが地域に目を向けるきっかけとなった。9年前に災ボラに入会。「『救える命を救いたい』との会員の言葉に共感して」。震災発生後、これまで4回被災地を訪れ、海底に沈んだ物品の引き上げの手伝いなどを行った。そこで感じた思いは「人手が足りていない。復興もまだまだ」。ボランティアの重要性を実感している。

 〇…「子どもの成長を記録したい」と始めた写真は、今では20年続く趣味に。「興味を持つとトコトン打ち込む性格」から、通信教育で一から勉強し、金沢区観光協会主催のコンテストでは入賞した実績も。災害時に被災した外国人の力にもなりたいと、赤十字語学奉仕団に加入し病院の医療通訳を勉強中。東京五輪・パラリンピックのボランティアにも興味があり、国家資格の全国通訳案内士の取得を目指している。「仕事は社会貢献、ボランティアは地域貢献。アフター5はボランティア活動ですね」

 〇…社内ボランティアで7年間、東京の小学校でユニバーサルデザインについて出前授業を行った。児童と接し「子どもたちへの防災教育にも力を入れていきたい」との思いが芽生えた。昨年は被災者を講師に招いた親子向けの講演会も企画。「人の役に立ちたい」との思いで入会した災ボラの活動は10年目に。「金沢区の防災意識向上に少しでも貢献していきたい」

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

曽屋 剛和さん

曽屋動物病院の院長で「いそねこ協議会」の会長を務める

曽屋 剛和さん

磯子区杉田在住 57歳

11月14日号

門馬 勇一さん

富岡みどり会商店街の会長を務める

門馬 勇一さん

金沢区富岡西在住 70歳

11月7日号

田沼 広之さん

ラグビーワールドカップ2019のアンバサダーを務めるラグビー元日本代表の

田沼 広之さん

金沢区大川在住 46歳

10月31日号

田草川 竜都さん

RUN伴+三浦半島金沢区学生実行委員会の委員長を務める

田草川 竜都さん

金沢区在住 20歳

10月24日号

林原 泉さん

「もう一つの横浜 金沢八景史」を著した

林原 泉さん

金沢区柴町在住 86歳

10月17日号

奥脇 竜哉さん

ムエタイのラジャダムナンスタジアム認定王者となった

奥脇 竜哉さん

金沢区富岡東在住 19歳

10月10日号

北村 正(まさし)さん

9月5日付で金沢警察署の署長に就任した

北村 正(まさし)さん

金沢区在住 57歳

10月3日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク