金沢区・磯子区版 掲載号:2018年4月12日号
  • LINE
  • hatena

4月から金沢消防団長を務める 野本 敏明さん 金沢区富岡西在住 63歳

強い「絆」で地域を守る

 ○…18歳で入団し45年。約560人の団員を率いる団長の座についた。8つある分団と本部との”顔が見える関係”が構築されているという金沢消防団で「前団長から受け継いだことが乱れないように頑張っていくしかない」と力を込める。いつ起こるか分からない大規模災害に備え、近年は消防署と協力した連携訓練も定期的に行われている。「団全体で気を引き締め、力のある組織にしていきたい」と強い決意を語る。

 ○…父が消防団員だったことから「自然に入っていけた」と当時を振り返る。特に力を入れたのは、市内18区の代表が日頃の成果を披露する技術訓練会。20代、30代、40代で計3回出場。大会前は仕事を終えた夜にメンバーと集まり、1年以上、練習を重ねた。「出場しない団員も訓練に付き合ってくれる。『やらなきゃ』という気持ちになった」。訓練会への出場が絆を強めるきっかけに。実際の火災現場でも「自信が持てる。大会の後は(団員の)動きが全然違う」という。

 ○…富岡小、西柴中出身。中学で始めた自転車競技では横須賀学院高時代に全国ベスト8に入ったことも。「自分がインターハイに出ることで部が創部された」と笑う。現在は100年以上続く建設会社の4代目として、自らも現場で汗を流す。「従業員の安全管理が大事なのは、消防団の活動と一緒」と優しい経営者の顔をのぞかせる。

 ○…富岡西で妻と暮らす。子どもと孫が3人ずつ、ひ孫も2人おり、皆が近くに住んでいる。「一人がうちに遊びに来るとLINEでみんなが集まってくる」と嬉しそうに微笑む。定員580人の金沢消防団では「充足率100%を何とか達成したい」という思いも。団員の絆を次世代につなげ、地域の安全を守る。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

西 涼光さん

4月に開講したトレボルNIHONGO教室の教室長を務める

西 涼光さん

4月18日号

猪俣 宏幸さん

4月1日付で磯子区長に就任した

猪俣 宏幸さん

4月11日号

濱崎 徹さん

シーサイドライン金沢八景駅の駅務区長を務める

濱崎 徹さん

4月4日号

伊藤 知彦さん

3月7日に磯子区栄誉賞を受賞した

伊藤 知彦さん

3月28日号

斉田 芳之さん

全国青年・女性漁業者交流大会で農林水産大臣賞を受賞した

斉田 芳之さん

3月21日号

石塚 早苗さん

今年度からふみくらの仲間たち「称名寺薪能」実行委員会の代表を務める

石塚 早苗さん

3月14日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月28日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク