金沢区・磯子区版 掲載号:2018年4月19日号 エリアトップへ

4月1日付で磯子消防署の署長に就任した 加賀谷 敦己さん 金沢区釜利谷西在住 53歳

掲載号:2018年4月19日号

  • LINE
  • hatena

”ヒューマンな心”を持って

 ◯…進路に迷っていた大学4年生の時、高校の先輩からの「ありがとうと言われる仕事だぞ」との言葉で消防職に。磯子区での勤務、署長はともに初。「歴史がある街で緑や公園が多くホッとする感じ」と街の印象を語る。署員への第一声では「新しいことにチャレンジして部署を越えて一丸となって仕事に取り組もう」と伝えた。「職場が活性化しないと区民の安全・安心は守れない」との思いは強い。

 〇…約30年のキャリアを「自分でも異色だと思う」と振り返る。消防出張所の新設など「局の方針を決める部署」の消防企画課に11年勤務。38歳の時に当時では珍しい市総務局人事部に出向。消防局をとびこえた市全体の人事を経験。全国消防長会への出向時に発生した東日本大震災では全国から消防車を集め、被災地に送る橋渡し役を担った。これらの経験から「常に何が必要かを考え、新しいことにチャレンジすることへの重要性を感じた」。署長職にも生かしていく。

 ◯…横須賀市出身。「友達もプレーしていて自然な形で」野球の道へ。高校では捕手としてチームを支えた。部員が少なかったため、グラウンド整備を率先して行い「チームワークの大切さを学んだ」。当時の仲間とは今でも一緒にプレーする。身体を動かすことが好きで、住まいに近い金沢自然公園でのランニングは心身を癒すひと時だ。

 〇…「磯子の街から1件でも火災を減らすことが今の目標」。署員一人ひとりが役割を担うことが大事だと考える。区民にも防災への意識向上を呼びかけていく。「人に頼られるのが消防の仕事。だからこそ相手の気持ちに立ち、”ヒューマンな心”を持つことが大事」。これまでの経験を伝えながら、署長として仕事に邁進する。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

伊川 和美さん

3月28日に多世代交流コンサートを開くブラストファンクラブの代表を務める

伊川 和美さん

金沢区寺前在住 48歳

2月27日号

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

磯子区滝頭在住 43歳

2月20日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

磯子区在勤 37歳

2月13日号

熊王(くまおう) 孝弘さん

知的障害を持ち、「働きたい!私のシンポジウム」で講演をした

熊王(くまおう) 孝弘さん

金沢区在勤 21歳

2月6日号

渡邊 永望(えいみ)さん

渡邊 永望(えいみ)さん

全国学生英語プレゼンテーションコンテストでインプレッシブ賞を受賞した

1月30日号

溝口 早苗さん

洋光台地区社会福祉協議会の会長を務める

溝口 早苗さん

磯子区洋光台在住 68歳

1月23日号

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

趣味の一環でパントマイムをはじめとする大道芸をする

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

金沢区並木在住 69歳

1月16日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

由緒ある雛人形を展示

由緒ある雛人形を展示

旧伊藤博文金沢別邸で

2月1日~3月3日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク