金沢区・磯子区版 掲載号:2018年5月17日号 エリアトップへ

浅葉和子デザイン教室 半世紀で生徒2千人 「この道より我を生かす道なし」

文化

掲載号:2018年5月17日号

  • LINE
  • hatena
あいさつをする浅葉さん(写真右)
あいさつをする浅葉さん(写真右)

 浅葉和子デザイン教室50周年記念パーティーが5月12日、アサバアートスクエア(金沢区金沢町)で行われた。現役生や卒業生、スタッフ、関係者ら約200人が駆け付け、多世代で記念の年を祝った。

 同デザイン教室の卒業生は約2千人。現在は3歳から中学生までが通い、創作活動を行う。教室を主宰する”キャンディ先生”こと浅葉和子さん(76)は、子どもの可能性を、ものづくりの喜びを通して育む教室を目指してきた。「学校と違って、私がここにいる限り戻ってこられる。長年やっていると循環が見える」と目を細める。

 当日はセレモニーだけでなく、浅葉さんと世代別の生徒との対談、ステージライブなど盛りだくさんの内容に。「40年ぶりにあった生徒も。そういう生徒が今の生徒と世代をこえて交流できたことが良かった」。同時開催された現役生の子どもの作品展や50年のスライド展示などは5月27日(日)まで展示する。

 1968年、「子どもに絵を教えほしい」という依頼にこたえ、生徒1人から気楽に始めた同教室。徐々に生徒が増えるも、「自分の子どもも満足に育てられないのに、やっていいのか」といつも迷っていたと振り返る。迷いが消えたのは2004年。心に浮かんだ「この道より我を生かす道なし」という言葉を書にしてもらったことで、「心が決まった。形に表現するのってすごく大事」と話す。

 浅葉さんは現在、カフェだったスペースを「子どもたちの未来のためになるようなミュージアム」にすることを計画している。名前は7世代先のことを考えて生きることを伝えたいと「セブン ジェネレーションズ ハウス」に決めた。「この活動が私の生きる意味だと思う」と次世代を見据える。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

「役割や活動知って」

保護司会

「役割や活動知って」 社会

7月は「社明運動」強化月間

7月22日号

4割が土砂災害警戒区域

横浜市立校

4割が土砂災害警戒区域 社会

避難計画は作成済み

7月22日号

京急線駅と並木結ぶ

321系統バス

京急線駅と並木結ぶ 社会

利便性確保へ新路線

7月15日号

備蓄品寄付して廃棄削減

ストックベース

備蓄品寄付して廃棄削減 社会

水を安藤建設と杉田小へ

7月15日号

養育費確保に新制度

横浜市

養育費確保に新制度 社会

ひとり親を支援へ

7月8日号

153ミリの大雨に対応

内水ハザードマップ

153ミリの大雨に対応 社会

金沢含む2区から全戸配布

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter