金沢区・磯子区版 掲載号:2018年5月24日号 エリアトップへ

保育から障害者支援へ 「パン作り」がつないだ縁

社会

掲載号:2018年5月24日号

  • LINE
  • hatena
笑顔で利用者とふれ合う平岡さん
笑顔で利用者とふれ合う平岡さん

 障害者を支える生活介護事業所「訪問の家 集」(磯子区馬場町)で支援スタッフとして働く平岡明子さん(金沢区在住・52)。保育士資格を持ち、横須賀の保育園などで約30年勤務した。「集」で働くきっかけは同所が利用者と製造販売するパン作りスタッフの求人。保育士時代からパンが好きだった平岡さんは「パンを作れる仕事を探していた」と話す。

 勤務4年目の現在はパン製造のほか、施設内での利用者の介助などを担当。保育園との違いに当初は戸惑いもあったというが、きめ細かい指導で次第に不安が解消され「こんな私でも役に立っているということを実感できる」と謙虚にやりがいを語る。

 特別支援学校などを卒業後、この施設に生涯通う利用者もいる。「保育園は長くて6年。長期間、関われることにも、この仕事の良さを感じる」と話す。これからも温かい笑顔で利用者を支えていく。
 

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

工事順調、来年3月開通へ

横浜北西線

工事順調、来年3月開通へ 社会

バイパス渋滞改善も期待

10月24日号

グッドデザイン賞初受賞

光洋大人紙おむつ

グッドデザイン賞初受賞 社会

介護者にも使いやすく

10月24日号

及川投手 阪神から3位指名

横浜高校

及川投手 阪神から3位指名 スポーツ

「信頼され、愛される選手に」

10月24日号

武松商事とコラボ

フードバンク横浜

武松商事とコラボ 社会

鳥浜町新拠点でイベント

10月24日号

10年ぶりに復活

子どもフェスティバル

10年ぶりに復活 社会

11月10日、泥亀公園で

10月24日号

導電性プラを作ろう

こども宇宙科学館

導電性プラを作ろう 教育

ノーベル賞の白川博士が講師に

10月24日号

子ども食堂など活動支援

子ども食堂など活動支援 社会

市がアドバイザーを派遣

10月24日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

10周年記念し第九

横浜金沢交響楽団

10周年記念し第九

みなとみらいホールで演奏会

11月3日~11月3日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月24日号

お問い合わせ

外部リンク