金沢区・磯子区版 掲載号:2018年5月31日号 エリアトップへ

議員記者がゆく〜夢あきらめないで 命の出発点「出産」を安心に 神奈川県議会議員 松崎淳

掲載号:2018年5月31日号

  • LINE
  • hatena

――3月の予算委員会で、分娩ひっ迫地域への対応を強く訴えました。

松崎――金沢区の分娩可能な施設は減少し、現在3カ所しかありません。県全体では分娩施設のない市町村が10にのぼっています。現在は産科に限らず、医師が大病院に集約される傾向があり、分娩ひっ迫地域の問題は深刻だと訴え、県当局からこうした地域の実態調査を至急実施すると答弁がありました。県は人生100歳時代を政策の根幹に捉えています。しかし生命の誕生なくして、100歳はありえません。人生の出発点となる産前産後を含め、安全で安心できる体制づくりに向け、一層力を入れ取り組みます。

――県は未病改善の取り組みに、オーラルフレイルをあげています。

松崎――最近、メディアなどでオーラルフレイルという言葉をよく聞きます。口腔機能の低下が、全身の健康に大きく影響することがあるとわかってきました。私はこうした認知を広め推進するためにも、口腔ケアに対する保険適用の拡大が必要だと、強く求めました。合わせてお口の健康づくりを推進するよう、黒岩知事に要望しました。

――国民健康保険の運営の責任主体が県に移管され、県予算が一気に7千億円も増加しました。

松崎――国民健康保険は半分ずつ公費と保険料で賄うのが大原則。しかし赤字を税金で補てんしている事実があります。私は、県民の将来の負担増につながらない対応をすべきだと、真正面からクギをさしました。これは県財政に直結するテーマ。引き続き、注目して取り上げていきます。

企画・制作/松崎淳事務所

松崎淳

横浜市金沢区泥亀1-1-3天野ビル3階

TEL:045-785-0185

http://www.matsujun.com

金沢区・磯子区版の意見広告・議会報告最新6

県が「ひきこもり」の調査を実施

県政報告

県が「ひきこもり」の調査を実施

神奈川県議会議員 あらい絹世

10月3日号

地域に寄り添った復興支援とは

意見広告

地域に寄り添った復興支援とは

自民党金沢区支部 横浜市会議員 高橋のりみ

9月26日号

地域に寄り添った復興支援とは

意見広告

地域に寄り添った復興支援とは

自民党金沢区支部 横浜市会議員 黒川まさる

9月26日号

地域に寄り添った復興支援とは

意見広告

地域に寄り添った復興支援とは

自民党金沢区支部 神奈川県議会議員 大村 悠

9月26日号

郊外部再生・活性化特別委員会

所属委員会が決定

県政報告

所属委員会が決定

神奈川県議会議員 市川さとし

8月1日号

厚生常任委員長を拝命

県政報告

厚生常任委員長を拝命

神奈川県議会議員 あらい絹世

7月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

堀割川を屋形船でめぐる

堀割川を屋形船でめぐる

11月10日 魅力づくり団体主催

11月10日~11月10日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク