金沢区・磯子区版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

コミュニティスペース 「新並木ラボ」が開所 産・官・学・民が連携し運営

社会

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市立大学がシーサイドタウンの商店街の空き店舗で運営していた地域拠点「並木ラボ」が同商店街内に移転し、7月14日にお披露目会が行われた。今後は地元企業や行政、地域住民などで組織されるエリアマネジメント協議会が運営を行い、地域活性化を図っていく。

 「新並木ラボ」は、広さ約260平方メートルでハックドラッグ隣り。今年1月から2月に地域住民らが参加し行われた公開ワークショップで出た意見をもとに、キッズコーナーや授乳スペース、小箱ショップなどを設けた。14日には、旧並木ラボから運営に携わる横浜市大の三輪律江准教授や中西正彦准教授、エリアマネジメント協議会のメンバーによるトークセッションが行われた。会では「コミュニティの活性化」、「健康に暮らせるまちづくり」に取り組んできたこれまでの活動の振り返りや、まちの若返りを目指した子育て世代をターゲットにした情報発信などについて議論した=写真。

住み続けたい街めざす

 旧並木ラボは2014年3月、文部科学省「地(知)の拠点整備事業」の選定取り組みとして同大が設置。2017年度の事業期間が終了しても拠点を残そうと、昨年2月に同大や土地所有者の市住宅供給公社、行政、地域住民らと「エリアマネジメント検討会」を立ち上げ、その活用法などを話し合ってきた。今年5月から「協議会」へ移行。「あしたタウンプロジェクト」と名付けた街の活性化プランを進めている。三輪准教授は「この街に住み続けたい、訪れたいと思ってもらえるような活動や情報発信を行う拠点にしたい。持続性のある活動を目指し様々な方と協力して運営できれば」と話した。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

働く魅力 中高生に伝える

働く魅力 中高生に伝える 社会

NPOが冊子7万部を配布

9月17日号

ブロック塀対策足踏み

市立小通学路

ブロック塀対策足踏み 社会

危険箇所約2,000件

9月17日号

町内会のICT支援へ

横浜市

町内会のICT支援へ 社会

コロナ対策で予算計上

9月10日号

金沢区 救急搬送 1.7倍

熱中症

金沢区 救急搬送 1.7倍 社会

磯子区は微増

9月10日号

生徒会大賞の優秀賞に

関東六浦高遠藤さん

生徒会大賞の優秀賞に 教育

代表務めた県生徒会団体で

9月3日号

食品配分会を初開催

磯子区社協NPO夢コミ

食品配分会を初開催 社会

17日、コロナ困窮者ら対象

9月3日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月9日18:45更新

  • 9月3日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月17日号

お問い合わせ

外部リンク