金沢区・磯子区版 掲載号:2018年7月26日号 エリアトップへ

6月24日の総会で磯子交通安全協会の会長に選任された 室井 烈さん 磯子区栗木在住 73歳

掲載号:2018年7月26日号

  • LINE
  • hatena

長生きのお返しに社会奉仕

 ○…磯子区の交通安全活動に関わること42年。いまや一番の古株となった。このたび、10年以上会長を務めた黒川順吉さんからバトンを受け継ぎ、交通安全協会の会長に就任。「悲惨な交通事故が一件でも磯子から起きないことを願い、活動を続けていきたい」と力強く決意を話す。

 ○…太平洋戦争終戦の年、栃木県の防空壕の中で生まれた。名前の「烈」(いさお)は、厳しい時代も生き抜けるようにとの願いが込められているという。大学卒業後はタイプライターなどの製造・販売を行う外資系企業へ。外国人が多い山下町をホームグラウンドに営業に力を注いだ。結婚を機に妻の実家の自転車店を手伝うように。防犯登録で交番に通っていたことが、交通指導員になるきっかけになった。

 ○…現在は1日と15日の月2回に数が減ったが、30〜40代の頃は毎週、交差点に立ち登校する子どもらの安全を見守った。また、二輪車のヤングライダースクールの講師を務めるほか、特に力を注いだのが小学校の自転車交通安全教室だった。かつて区内であった子どもの事故例を話しながら、「子どもの事故が一番嫌だね」とぽつり。事故を起こすのは「人」ならばそれに巻き込まれるのも「人」。「何事も過信しちゃいけない。心の緩みが同じ人間の命を左右する悲惨な事故につながることを常に意識しないと」と自らも戒める。

 ○…「栗木周辺は平地で商店も揃っているので住みやすい」と地域への愛着を示す。いつの間にか地元商店街の会長や神社の役員など役職が増えた。特に夏は祭りの準備やイベントで忙しい時期となる。そんな状況にも、「ここまで長生きさせてくれたんだから、社会奉仕ぐらいしなきゃ」と笑顔。街を温かいまなざしで見守り続ける。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

横浜市内在勤 39歳

1月21日号

松本 隆之介さん

横浜DeNAベイスターズに入団した

松本 隆之介さん

横浜高校 3年

1月14日号

畑中 一希さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

畑中 一希さん

金沢区在住 20歳

1月7日号

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月1日号

伊藤 明人さん

洋光台SUNSUN商店会の会長に就任した

伊藤 明人さん

磯子区洋光台在勤 36歳

12月17日号

松浦 照朝さん

洋光台連合自治町内会の相談役を務める

松浦 照朝さん

磯子区洋光台在住 84歳

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク