金沢区・磯子区版 掲載号:2018年8月16日号 エリアトップへ

あす17日から本格オープンする「チアかな」の代表を務める 阿久津 佳子さん 谷津町在住 57歳

掲載号:2018年8月16日号

  • LINE
  • hatena

地元の人を全力「チア」

 ○…「かなざわで頑張る人をチア(応援)したい」と金沢文庫のすずらん商店街に「チアかな」をオープンする。表向きは「手作りワークショップ」の店だが、真の目的はコミュニティの醸成。「”手作り”をキーワードに多世代のつながりを醸成できれば」。あわせて地元住民の発表の場としても提供していきたい考えだ。

 ○…「商店街にコミュニティスペースがあれば…」と強く意識したのは、2011年の震災の時。「災害時は皆、自分のことで精いっぱい。情報を集約し、物品などを含めて提供する場の必要性を感じた」。コミュニティ起業塾に通い運営の勉強をするなど、着々とコミュニティスペース開設への下準備を進めた。2013年に商店街の協力を得て、念願の「すずカフェ」を設置。その後、建物老朽化のため閉鎖したものの、京急不動産に場所を提供してもらいワークショップを継続。すずカフェとして活動した5年間で140回、のべ1300人が参加した。

 ○…京急不動産の場所が使えなくなるため、4月から自立を考え始めた。「たまたま今の建物オーナーに背中を押され、場所を借りることに」。地元連合町内会長からも「みんなの居場所を一緒につくっていこう」と声をかけられたという。自分の城を持った今、「楽しくって仕方ない」とも。ちょっとした息抜きやおむつ替えなどでも立ち寄ってほしいと願う。

 ○…親の影響からか、2人の子どもはそれぞれ大学で「街づくり」と「福祉」を学んだ。「ちょうどいいので、私も教科書を読ませてもらって、裏付け・知識をもらっている」と笑う。今後の目標を問うと「チアかなを15年維持すること」と即答。「ここで出会った人たち同士に化学反応が生まれ、育って巣立っていく姿を見守っていきたい」

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

磯子区滝頭在住 43歳

2月20日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

磯子区在勤 37歳

2月13日号

熊王(くまおう) 孝弘さん

知的障害を持ち、「働きたい!私のシンポジウム」で講演をした

熊王(くまおう) 孝弘さん

金沢区在勤 21歳

2月6日号

渡邊 永望(えいみ)さん

渡邊 永望(えいみ)さん

全国学生英語プレゼンテーションコンテストでインプレッシブ賞を受賞した

1月30日号

溝口 早苗さん

洋光台地区社会福祉協議会の会長を務める

溝口 早苗さん

磯子区洋光台在住 68歳

1月23日号

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

趣味の一環でパントマイムをはじめとする大道芸をする

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

金沢区並木在住 69歳

1月16日号

服部 誠さん

1月13日に「てんでんこ競争」を初開催するてんでんこプロジェクトの代表を務める

服部 誠さん

金沢区洲崎町在住 43歳

1月9日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

由緒ある雛人形を展示

由緒ある雛人形を展示

旧伊藤博文金沢別邸で

2月1日~3月3日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク